47NEWS >  エンタメ >  音楽玉手箱 >  ジャック・ジョンソン『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』 環境だけでない世界の危機をメッセージ

ジャック・ジョンソン『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』 環境だけでない世界の危機をメッセージ

2017年09月20日

ジャック・ジョンソン『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』
ジャック・ジョンソン『オール・ザ・ライト・アバブ・イット・トゥー』

ハワイ・オアフ島のノースショア生まれの42歳、ジャック・ジョンソン4年ぶり通算7枚目のスタジオ・アルバムです。彼の音楽は90年代に始まったスローライフ、ロハスと言った環境にやさしいライフ・スタイルをサウンドで表現したものといえます。サーファーであった彼は99年サーフィンのドキュメンタリー映画を製作するなかで、サーファーの心を表現する音楽がロックだけではないとアコースティックなサーフ・サウンドを作りました。

以降ヒット曲を量産する音楽業界に背を向けた彼の姿勢は一貫しています。環境保護活動においても精力的に活動。このアルバムジャケットには海洋汚染の原因になるプラスティックごみを並べて抗議、さらにシングル曲「マイ・マインド・イズ・フォー・セール」では「パリ協定」を一方的に離脱しアメリカ第一主義を唱えるトランプ大統領の言動に対する危惧を歌っています。詞を書いた積み木で壁を作りそれを壊すといったミュージック・ビデオも必見です。

(ユニバーサル・2500円+税)=北澤孝


この商品を購入する




アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…