47NEWS >  エンタメ >  花まるシネマ >  『ジュリーと恋と靴工場』 自然体に生きることが、最高の幸せ!

『ジュリーと恋と靴工場』 自然体に生きることが、最高の幸せ!

2017年09月19日

(C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA
(C)2016 LOIN DERRIERE L’OURAL - FRANCE 3 CINEMA - RHONE-ALPES CINEMA

フランスから、働く女性たちを主人公にした自然体のミュージカルがやって来ます! この映画、以前フランス人の友人からものすごく勧められて観た作品で日本で上映されることがないだろうと思っていたので、まさかの上映が決まって皆さんに紹介できることがとても嬉しい! 仕事がうまく行かないときや、毎日がしんどくなったときに観るとふーんわり元気になる不思議な映画です。

本作の主役は靴工場で働く女性たち。主人公は、彼氏もお金もない25歳のシングルウーマンで、ようやく就職した靴工場でリストラの危機にさらされてしまいます。ストーリーだけをお伝えすると、なんだか社会派? に感じてしまうかもしれませんが、真っ赤な靴を鳴らしながら、自然体で踊って歌る女性たちの姿を観ているうちに、本当の幸せの意味に気づける気がしています。

フランスのミュージカルといえば、映画『シェルブールの雨傘』が有名ですが、作中でカトリーヌ・ドヌーヴが着ていたバーバリーのトレンチコートは、今もなお、映画の中でキラキラと輝いていますよね。映画とまるで恋人のようにつながっているファッションは本作でも健在で、映画に登場するキュートな靴もまた主役の一部! 本作の舞台になっているロマン市はかつてシャルル・ジョルダンなど女性たちの心をときめかせてきた有名靴ブランドの生産地としてとても有名らしく、劇中に登場する靴はこの場所で作られたものが使われているのだそう。鑑賞後は、お気に入りの靴を履いて、お出かけしたくなるはずですよ。★★★★☆(森田真帆)

監督:ポール・カロリ、コスティア・テスチュ

出演:ポーリーヌ・エチエンヌ、オリヴィエ・シャントロー

9月23日から全国順次公開






アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…