47NEWS >  スポーツ >  モータースポーツ >  レーシングドライバーの夢に挑戦するアロンソ 世界三大レースのインディ500にスポット参戦
モータースポーツ

レーシングドライバーの夢に挑戦するアロンソ 世界三大レースのインディ500にスポット参戦

2017年05月18日

米中西部のインディアナポリス・モータースピードウエーで行われている公式予選に向けた練習走行を走るアロンソ=INDYCAR
米中西部のインディアナポリス・モータースピードウエーで行われている公式予選に向けた練習走行を走るアロンソ=INDYCAR

来週、米国・インディアナポリスで開催される世界三大レースのひとつ、インディアナポリス500マイル(インディ500=28日決勝)。今年で101回目を迎え、決勝レースには最大40万人の観客が集まる一大イベントに大きなニュースが飛び出した。現役のF1ドライバーであり、年間王者にも2度輝いたマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがスポット参戦するのだ。

アロンソの参戦は当然ながら、注目の的となった。米国メディアはF1王者のスポット参戦をモータースポーツニュースのトップで報じた。そして、今月3日に行われた初テストを動画配信した公式サイトには、米国以外からも何と200万人が訪れた。

実のところ、すでにF1モナコ・グランプリ(GP)を制しているアロンソは以前から世界三大レースへの挑戦を隠してはいなかった。2014年には耐久レースのルマン24時間に登場。スタートフラッグを振った後に、近い将来のルマン24時間挑戦を口にしていた。今年、同じ日に決勝を行うモナコGPを欠場してまでインディ500参戦を実現できた背景には、今季も不振が続くマクラーレン・ホンダの現状と関係がないと言えばうそになるだろう。レーシングドライバーとしてのモチベーションを、自分の夢に挑戦することで高く保ちたいと願い、チームもそれを受け入れたと考えるのが自然だ。参加するチームはホンダがエンジンを供給するアンドレッティ。カーナンバーは「29」だ。同チームには佐藤琢磨が今シーズンから加入しており、くしくもインディ500で佐藤とアロンソがチームメートとして戦う姿が実現した。

15日、アロンソは公式予選に向けた練習走行を開始した。初日の順位は19位。佐藤琢磨は10位、そしてトップは同じチームのマルコ・アンドレッティ。ということは、チームメートのセッティングデータを参考にすることに加え、マシンにも慣れることで順位アップは十分に可能だ。アロンソは現役F1ドライバーによるインディ500勝利に向けて始動したといえる。

世界三大レースを制したことがあるのは、元F1王者のグラハム・ヒル、ただひとり。そして、現在、現役レーシングドライバーで、その可能性を秘めているのは、モナコGPとインディ500で優勝したことのあるファン・パブロ・モントーヤだが、もしアロンソが今回インディ500に勝利することがあれば、来季以降のルマン24時間挑戦も十分考えられる。

いずれにせよ、今年のインディ500に世界中の注目が集まることは間違いない。日本のファンとしては夢に挑戦するアロンソと佐藤との戦いにも注目したいところだ。(モータージャーナリスト・田口浩次)