47NEWS >  エンタメ >  音楽玉手箱 >  「DVD=3」 ピエール・バルー『サラヴァ 時空を越えた散歩、または出逢い ピエール・バルーとブラジル音楽1969〜2003〜』 字幕が少ないという豊かさ

「DVD=3」 ピエール・バルー『サラヴァ 時空を越えた散歩、または出逢い ピエール・バルーとブラジル音楽1969〜2003〜』 字幕が少ないという豊かさ

2017年04月19日

ピエール・バルー『サラヴァ 時空を越えた散歩、または出逢い ピエール・バルーとブラジル音楽1969〜2003〜』
ピエール・バルー『サラヴァ 時空を越えた散歩、または出逢い ピエール・バルーとブラジル音楽1969〜2003〜』

すごい作品に出会ってしまった。いや、むしろなぜ、今まで出会わなかったのだろう?

2016年12月、惜しまれつつこの世を去ったピエール・バルーの追悼発売として、日本3度目のリリースとなった本作。1969年、わずか3日の間でブラジルの伝説的ミュージシャンたちの演奏をとらえた「奇跡の」映像に端を発し、2003年の東京、そして1990年代のブラジルへと「時空を越えた」旅をしながらブラジル音楽の深層に触れていくドキュメンタリー映画だ。

ピエールという一人の異邦人の目に映るブラジルの姿、ブラジル音楽の姿(そしてアフリカの残像)。映像からは彼が心震わせ出逢いの奇跡を味わっていることがそのまま伝わってくるし、いつしか観ている私自身も彼の隣にいて、同じカフェのテーブルについているような気持ちになるのは、この映画にかけられた魔法というほかない。

とにかく、流れてくる音楽はどれも最高に素晴らしい。加えて、その音楽を奏でる人々の人生や、この音楽を育んだブラジルという国の姿までをまるごと写し出しているように思う(きっと、そうにちがいない)。

心憎いのが、日本版である本作の字幕の少なさだ。かろうじて、会話をたどれる程度にしか字幕が出ないことで、言葉の通じない異国の地を訪ねたときのあの、心もとないような、でもだからこそ目の前の世界に感覚を研ぎ澄ます、独特の感覚がよみがえってくる。「私の願いは、あなたを私たちと共に旅に連れていくことです」。ピエールは冒頭でそう語っているが、まさに、まさに、その通りの作品だ。彼の偉大な才能に感謝しつつ、冥福を心から祈りたい。

(コロムビア・マーケティング・2800円+税)=玉木美企子


この商品を購入する




アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…