47NEWS >  エンタメ >  エンタメスポーツ >  サッカーにおいて「あざむき」は美徳 今季、それを最も見せてくれたJ1川崎

サッカーにおいて「あざむき」は美徳 今季、それを最も見せてくれたJ1川崎

2016年12月29日

FC東京―川崎 前半、先制ゴールを決め中村(奥)に祝福される川崎・大久保=味スタ
FC東京―川崎 前半、先制ゴールを決め中村(奥)に祝福される川崎・大久保=味スタ

すました顔をして、相手をあざむくやつが好きだ―。

普段の社会生活でそんなことを口にしたら、人格を疑われるに違いない。だが、サッカーにおいて、相手をだますことは美徳だ。そのだましのテクニックを何種類持っているかで、選手としての幅が決まってくる。だから子供たちには「合法」としてのサッカーのうそを数多く身につけてもらいたい。

クリスマスイブに行われた天皇杯準々決勝のFC東京対川崎。2―1で川崎が勝利を収めた試合で、このようなうそのつきかたもあるのかという、参考になるプレーがあった。この日は右DFを務めた川崎のマルチプレーヤー、田坂祐介の方向転換のフェイントだ。

前半20分、中央の中村憲剛が右オープンスペースにダイレクトパスを繰り出す。エウシーニョを追い越して、このボールに田坂が追いつく。マークするのは直前までエウシーニョに付いていたFC東京の徳永悠平だ。

ここで田坂が見せたフェイントは子供でも簡単にまねできる、それでいて非常に効果的なだましのテクニックだった。エウシーニョの存在に心を残す徳永の心理をうまく突いたのだ。まず、体の使い方が絶妙。右コーナー際から最初はマイナス方向、つまり自陣方向に体を向けて徳永の注意をエウシーニョに向ける。次の瞬間、ワンステップを踏むと体の向きを変えて、右足のクロスを放つ。徳永の寄せが中途半端になり、ゴール前へのコースが大きく空いていたのだ。その正確なラストパスを大久保嘉人がダイレクトで決め、川崎があっさりと先制点を奪った。

もちろん、このゴールを生み出すには田坂が正確なキックを備えている必要がある。その上で、体の向きを変えるという誰もが簡単にできるフェイントで駆け引きする。相手の心理の裏を突くというプレーは、仕掛ける側としてもこの上ない痛快感があるのだろう。

今季を振り返ると、風間八宏監督が率いた川崎のサッカーは観戦していて楽しかった。それは見る者にとって予想外のプレーが多かったからだろう。時には「なんでシュートを打たないの」ともどかしくなる面もあったが、それ以上に良い意味でのだましのテクニックがチームに徹底されていた。

その意味で史上最年長となる36歳で中村憲剛が、JリーグのMVPに輝いたのは象徴的だった。誰もがこの川崎のキャプテンを、対戦相手を欺く集団の「元締め」と認めたことだろう。もちろんサッカーはフィジカル面での条件が整っていることが最低条件だ。しかし、それは絶対条件ではなく、あくまでも「頭」が物を言うスポーツであることを、今回の受賞が証明してくれた。

真に優れた指導者は言葉の達人である―。このことはピッチ上でも当てはまるのかもしれない。中村俊輔や遠藤保仁などゲームを自在に操れる選手ほど、明確な言葉を持っている。報道陣にもわかりやすく、試合の分析を伝えてくれるのだ。FC東京戦後の中村憲剛もそうだった。

「篠田(善之)監督になってからFC東京がアグレッシブにプレスをかけてくるのはビデオを見てわかっていた」。だから「相手が(ボールを)取りたい所で取らせない」

その上で相手のゲームプランを狂わせるわなが「オレが最終ラインにいたり、(エドアルド・)ネットが前にいたり、田坂が真ん中に入ったり」という変幻自在のフォーメーションだった。結果的にそのイレギュラーな川崎のポジション取りが、FC東京に狙い所を絞らせないことになったのは明白だった。

チャンピオンシップ、そしてクラブワールドカップ(W杯)と終盤に鹿島が鮮烈な印象を残した今シーズン。だが、Jリーグで最も印象的なサッカーをしていたチームを選ぶとしたら、鹿島でも年間最多勝ち点を取った浦和でもない。川崎だ。

2016年を象徴するスタイル。もちろん目新しさだけで選ぶのではない。チームとしての強さが備わっていなければ価値はない。この視点では、浦和のサッカーはここ数年大きな変化がない。対する川崎は今季、風間監督が試行錯誤していたサッカーが一つの形を成したといえる。

強さの中に遊び心というエッセンスを絶妙にミックスし、あざむきというサッカーにおける美徳を最も見せてくれたチーム。「等々力劇場」とでも表現したくなるホーム開催試合での劇的な勝ち方を含めたすべての要素で見るものの心を一番とらえたのは川崎が披露してくれたサッカーだった気がする。

岩崎龍一(いわさき・りゅういち)のプロフィル サッカージャーナリスト。1960年青森県八戸市生まれ。明治大学卒。サッカー専門誌記者を経てフリーに。新聞、雑誌等で原稿を執筆。ワールドカップの現地取材はブラジル大会で6大会連続となる。






アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…