47NEWS >  エンタメ >  音楽玉手箱 >  「隠れた名盤」丸本莉子『誰にもわからない~何が幸せ?~』 第二章への予感

「隠れた名盤」丸本莉子『誰にもわからない~何が幸せ?~』 第二章への予感

2016年12月28日

丸本莉子『誰にもわからない~何が幸せ?~』
丸本莉子『誰にもわからない~何が幸せ?~』

可愛いジャケットからは想像できないが、実は全国の路上LIVEで鍛えている女性シンガーソングライターの3rdミニアルバム。圧巻は、やはり冒頭の『誰にもわからない』だろう。

“あの子が消えた”事実、叶う願いと救えなかった命、そして混沌とする中でも確かにあった“希望”・・・などが、一途な歌声や力強い演奏から胸に迫り来る。特に、繊細な心の葛藤を描ききった歌詞が秀逸で、彼女の第二章となりそうな予感。

他の6曲は、従来の優しさや元気に満ちた作風で、『ガーベラの空』では元カレのマグカップを出す天然さや、『たどりつく場所』では、穏やかな港と心の拠り所を重ねるなど、人の息づかいが聞こえるようだ。また、中島みゆき『糸』の丸本版は穏やかな暮らしが見えてくる。

観客とのコール&レスポンスが定番化している『ご機嫌ベイベー★』で楽しく終わるのも彼女らしい。けれど、本作を聴けば、大切な人の笑顔と、その裏にある苦悩にも寄り添えるようになるはず。

(ビクター・1800円+税)=臼井孝


この商品を購入する




アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…