47NEWS >  エンタメ >  音楽玉手箱 >  「DVD=2」Fishmans『記憶の増大』 「記憶」の扉を開く、2000年リリースのライブ映像集
「DVD=2」Fishmans『記憶の増大』 「記憶」の扉を開く、2000年リリースのライブ映像集

2016年12月21日

Fishmans『記憶の増大』
Fishmans『記憶の増大』

懐かしいなあ。ボーカルの故・佐藤伸治の歌う姿を観て私がそう思ったということは、私がかつてフィッシュマンズを聴いていて、長くそこから遠ざかっていたからにほかならない。

2016年で、彼らはデビュー25周年なのだそうだ。これを記念していくつかの作品がリリースあるいは再リリースされたが、本作もその一つ。2000年に発売された、佐藤伸治生前の集大成とも言うべき2枚組のライブ映像集が、ファンの熱い要望に応え再リリースとなった。

1996年、(今はなき)新宿LIQUIDR00M。1997年、日比谷野外音楽堂。1998年、赤坂BLITZ。収録された公演のリストを眺めているだけで、胸がぎゅっと締め付けられる。再生ボタンを押し、記憶の箱を開け放つと、たくさんの、抱えきれないほどたくさんの思い出がよみがえってきた。バブルが崩壊し、就職氷河期が到来。世の中のすべてがあっけにとられてぽかんとしていた、あの頃のことが。

あまりに久しぶりに彼らのサウンドに包まれて、途中にTOKYO No.1 SOUL SETのBIKKEまで出てきて、あまりの懐かしさに動揺してしまった。これはもう、2016年に行われたツアー「LONG SEASON 2016」のライブ映像リリースを待つしかない。あるいは次のライブにこそ行こう。そうだ、そうしよう。さまざまなアーティストを招き、現在も続くフィッシュマンズとの思い出を重ねていこう。そうしたらもう一度、今度は笑顔でこのDVDを観ようと思う。

(ユニバーサルミュージック・3200円+税)=玉木美企子


この商品を購入する




アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…