47NEWS >  エンタメ >  音楽玉手箱 >  「ブレーク盤」(オムニバス)『X’mas LOVE SONGS~冬の涙の処方箋』 失恋ソング限定で異彩を放つ
「ブレーク盤」(オムニバス)『X’mas LOVE SONGS~冬の涙の処方箋』 失恋ソング限定で異彩を放つ

2013年11月13日

『X’mas LOVE SONGS~冬の涙の処方箋』
『X’mas LOVE SONGS~冬の涙の処方箋』

数あるクリスマス系CDの中で異彩を放つ1枚。なぜなら、本作は“失恋ソング限定”だからだ。2枚組などで玉石混交の、とにかく冬物を詰め込んだ代物とは訳が違う。

1曲目、ドリカムの『もしも雪なら』で、「会いたい人に会いたいと言えないクリスマス」「大人の方が恋はせつない」と歌われ、いきなりズキュンと刺さる。その後は稲垣潤一や徳永英明などお馴染みの失恋ソングが続き、「同情まじりの優しさは/ダイヤモンドも切り刻むナイフのよう」と歌い上げる8曲目の小谷美紗子『嘆きの雪』で悲しみの底へ。その後、15曲目の山崎まさよし『8月のクリスマス』までは過去への愛おしさや感謝が印象に残る。

全体を通して聴くと、クリスマスの失恋ソングはイルミネーションを彷彿させるサウンドが多いためか、最終的に物悲しくならないのが興味深い。これこそが“クリスマスの魔法”だろう。本作を聴けば、年末の駆け込み合コンなどせずに、一人の時間を大切にできるはず。

(ユニバーサル・2415円)=つのはず誠


この商品を購入する




お先にフジテレビ
『おじゃマップ』試写コラム 香取慎吾とザキヤマが地元に来たら…

『おじゃマップ』試写コラム 香取慎吾とザキヤマが地元に来たら…2011.07.01

 『おじゃマップ』 (7月4日午後9時~10時48分、フジテレビ系)は、「ある日、あなたの町に香取慎吾が現れたら? そんな夢が実現する番組」という触れ込み。1月に続いての放送だが、有名人が予告なくやっ...

アラーキーの幸福写真
乃木坂/ギャルママ(下)

    スタジオでの撮影が続く。17歳で長男を出産した大工原里美さんは、3人の子どもとカメラ…