記事検索


★2016/03/14

「玉子ふわふわ」で新

 今年で開宿四百年となる杉戸町の旧日光街道杉戸宿の記念プロジェクトで、県立杉戸農業高校と町内企業が開発した「杉戸宿新グルメ」が商品化された。うどん、プリン、シフォンケーキの商品三品で、杉戸宿の本陣で提供された供応料理「玉子ふわふわ…続きを読む


中西公一@杉戸(東京新聞)

埼玉

★2015/10/26

山形芋煮カレーうどん

 山形市のご当地グルメ「山形芋煮カレーうどん」が東京に初進出する。JR秋葉原駅近くのB―1グランプリ食堂で23日から、販売メニューの一つとして提供される。普及に取り組む山形芋煮カレーうどん寄合(高橋徹会長)は「国内外の多くの人に対…続きを読む


山形新聞@秋葉原(山形新聞)

山形


★2015/08/24

夏でもつるりと半田そ

 8年ほど前に、徳島新聞社の美馬支局に2年間、勤めた。赴任して初めて、「半田そうめん」の産地として知られるつるぎ町半田を訪れた。  山々に囲まれた盆地。限られた平地には、家が建ち並び、道路は対向する車がやってくると、かわすのに…続きを読む


木下真寿美@徳島(徳島新聞)

徳島

★2015/08/10

壬生菜使用の「冷やし

 【壬生】国谷のみぶハイウエーパーク(道の駅みぶ)のレストラン「みぶのおばちゃんち」は夏季限定で、町名と同じ名前の野菜「壬生菜(みぶな)」の粉を使用したうどん「冷やしひすい麺」を販売している。原料にはこれまで処分されてきた成長し過…続きを読む


下野新聞@壬生(下野新聞)

栃木


★2015/07/13

涼感!、洞窟そうめん

 佐世保市鹿子前町の温泉施設、九十九島温泉花みずきサスパで、洞窟の中で食べるそうめんが人気を集めている。洞窟は真夏でも20度前後で、そうめんと一緒に涼しさを味わえる。営業は9月23日まで。  同施設によると、洞窟は太平洋戦争末期に…続きを読む


西日本新聞@佐世保(西日本新聞)

長崎

★2015/05/18

図書館喫茶室の美味す

 福井県鯖江市文化の館(市図書館)喫茶室に、知る人ぞ知る本格派メニューがある。そば打ち歴約50年という市内の男性による手打ちそばだ。「本格的な風味とコシは専門店並み」と客の間で評判になっている。  この男性は榊原一義さん(71)…続きを読む


福井新聞@鯖江(福井新聞)

福井


★2015/04/19

腹が減っては史跡を巡

 源平時代の武将木曽義仲が戦勝祈願したことで知られる小矢部市の埴生(はにゅう)護国八幡宮前に十八日、軽食中心の「源平茶屋」が開店した。周辺には倶利伽羅(くりから)古戦場をはじめとする史跡が多く、散策時の一服所として注目されそうだ。…続きを読む


堀場達@小矢部(中日新聞)

富山

★2015/03/30

登別のご当地新メニュ

 登別市内の複数の飲食店で4月16日から、ご当地グルメとして開発した「登別閻魔(えんま)やきそば」が提供されることが決まった。名称は共通だが、ごまベースでピリ辛の特製ソース使用や登別近郊食材使用などのルールを定め、各店独自の味を提…続きを読む


鞠子理人@登別(室蘭民報)

北海道


★2015/02/02

善意のすいとん後世へ

 1914年12月に福岡県方城村(現福智町)で起きた炭鉱爆発事故「方城大非常」で、住民が被害者の子どもにすいとんを振る舞ったという逸話にちなみ、福智町がご当地グルメとして「方城すいとん」を売り出している。町職員の呼び掛けでメニュー…続きを読む


西日本新聞@福智(西日本新聞)

福岡

★2014/12/15

鯖とおでん、うどんが

 小浜市内で飲食店を展開するやまとは、同社のレストラン・やまと庵(四谷町)で、市民グループKISUMO(キスモ)小浜が企画、開発した「若狭おばま鯖おでんうどん」の販売を始めた。  十一月に愛知県蒲郡市で開かれた「全国ご当地うどん…続きを読む


池上浩幸@小浜(中日新聞)

福井


★2014/10/10

「信州ひすいそば」商

 松本市、安曇野市の遊休農地でソバを栽培する農業生産法人かまくら屋(松本市)は11日、県がブランド化を進める「信州ひすいそば」を使った半生そばと生そばを試験的に売り出す。中山間地で借り受けた遊休農地は小規模で生産性が高くないため、…続きを読む


信濃毎日新聞@松本(信濃毎日新聞)

長野

★2014/07/19

店主こだわりの「ねぎ

 観光客らでにぎわう京都・祇園の目抜き通り・花見小路から横道を入った先に、その店はひっそりとたたずんでいる。「祇をん萬屋」。わずか14席しかなく、名物は「ねぎうどん」で、時には行列もできる。  創業は1977年。ご主人の清水英…続きを読む


中村彰@京都・祇園(47NEWS)

京都


★2014/04/07

美濃あゆにんめん、4

 美濃商工会議所は二日、食による地域活性化を目指して開発を進めていた麺料理「美濃あゆにんめん」を提供する店舗に、市内の飲食店四店を認定した。  商議所は二〇一一年、「美濃グルメ開発実行委員会」を発足させ美濃市の特色を生かしたメニ…続きを読む


織田龍穂@美濃(中日新聞)

岐阜

★2014/01/12

ツキノワグマ味わう 

 東白川村越原の道の駅茶の里東白川にある「おいしい自然工房カフェ」で、地元の猟師が仕留めたツキノワグマの肉を使った「月輪うどん」がメニューに加わった。限定百食で、スタッフは「貴重なクマ肉の味を、ぜひ味わってほしい」とアピールしてい…続きを読む


酒井健@東白川(中日新聞)

岐阜


★2013/12/09

メキシコとの縁グルメ

 「メキシカンサラダ焼きそば」を味わって-。大多喜町の町おこし団体が、メキシコ料理に使われるサルサソースと特産のタケノコを使ったご当地グルメを考案した。同町が日本とメキシコの友好関係のきっかけをつくった歴史を生かし、「町おこしにつ…続きを読む


砂上麻子@大多喜(東京新聞)

千葉

★2013/04/28

澄み切ったスープが自

 澄み切ったスープが自慢の讃岐そば(550円)。素材のうま味が詰まったスープと腰のある細麺との相性は抜群で、香川県外から訪れるファンも多い。  スープは伊吹産イリコと讃岐赤鶏のガラなどで作るだしが決め手。ごく少量のしょうゆと塩以…続きを読む


四国新聞@丸亀(四国新聞)

香川


★2012/12/17

「半生めん」デビュー

 砺波市特産の大門そうめんを乾燥させる前の「半生そうめん」が今冬から市内の飲食店で新メニューとしてお目見えする。半生そうめんは生産者の間だけで食べられてきた「秘密の味」。もちもちした食感とのどごしの良さが特長で、同市飲食店組合とJ…続きを読む


北日本新聞@砺波(北日本新聞)

富山

★2012/11/19

吉田のうどん 「金沢

 富士河口湖町船津の「ドッグうどんカフェ マツ」(松井友一店主)は、吉田のうどんと「金沢カレー」を組み合わせたカレーうどんの販売を始めた。同店は1月から、ご当地カレーの火付け役として知られる金沢カレーをメニューに加えていて、今回は…続きを読む


山梨日日新聞@富士河口湖町(山梨日日新聞)

山梨


★2012/09/03

亀山みそ焼きうどんに

 亀山市のご当地グルメ、亀山みそ焼きうどんの新しい味が相次いで登場している。十月に北九州市で開かれるB-1グランプリ全国大会を前に、市民グループ「亀山みそ焼きうどん本舗」や市内の飲食店は、より多くの人に味わってもらい、知名度アップ…続きを読む


久野賢太郎@中日新聞(中日新聞)

三重

★2012/07/30

三陸と長田の特産物で

 東日本大震災の被災地、宮城県南三陸町の商店主を支援する神戸・長田の大正筋商店街と流通科学大学(神戸市西区)の学生が、三陸と長田の特産物を使った「たこそばめし」を考案した。南三陸町のタコを長田発祥のそばめしに入れた“コラボグルメ”…続きを読む


宮本万里子@神戸新聞(神戸新聞)

兵庫


★2012/06/24

復興へ歯応え「浜うど

 川南町の女性グループ「チームがはは」(長友順子代表)が、新たなご当地グルメ「浜うどん」を開発した。地元の小麦と日向灘のシイラの粉末で麺を打ち、独特の食感と麺から出ただしも楽しめる一品。畜産の町のイメージが強く、2010年の家畜伝…続きを読む


西日本新聞@宮崎県川南町(西日本新聞)

宮崎

★2012/04/09

衝撃の黒さ!! 木炭

 都留市上谷3丁目の飲食店「伊万里」(遠山政之オーナー)は、市産の木炭パウダーを練り込んだ、インパクトのある黒いうどん「谷村ブラックうどん」を考案、話題となっている。  遠山オーナー(52)の妻恵美子さん(49)が、「地域が元…続きを読む


山梨日日新聞@都留(山梨日日新聞)

山梨


★2012/02/06

寒さ極まり、味も際立

 「食」をテーマに栃木県が取り組む地域おこし「食の回廊」事業には、現在、県内各地に10の「食の街道」が名を連ねる。その一つが栃木県南西部に位置する「足利佐野めんめん街道」。同街道の一角にある栃木市出流町は、素朴な「出流そば」で知ら…続きを読む


下野新聞社(下野新聞)

栃木

★2012/01/16

素朴な古里の手作りう

 栃木県が推進する食をテーマにした地域おこし「食の回廊」事業では、県内各地に10の「食の街道」が設けられている。その街道の一つが栃木県南西部に伸びる「足利佐野めんめん街道」。同街道にある「根古屋亭」を訪ねて、素朴な「するすみうどん…続きを読む


下野新聞社(下野新聞)

栃木


★2011/11/21

素朴なそばと芳しい天

 栃木県内を「食」のキーワードで網羅する「とちぎ食の回廊」には、現在、県内全域に10の「食の街道」が設けられている。その中の香りの高い八溝地域の「そば」と日本一の漁獲高を誇る清流那珂川の「あゆ」がコラボした「鮎天ぷらそば」。「そば…続きを読む


下野新聞社(下野新聞)

栃木

★2011/07/25

そばの実と麺を同時に

 徳島を代表する郷土料理に“そば米汁”というものがあります。そばの実を挽(ひ)かずにそのまま、野菜や鶏肉などと共に雑炊のようにして食べる全国的にも珍しい郷土料理で、徳島県内の多くの家庭で愛されています。  そば米汁の由来は、か…続きを読む


イコールグルメ 徳島

徳島


★2011/07/18

暑い夏を乗り切ろう 

 今年の夏は節電でエアコン利用も控えがち。ついつい暑さとの我慢比べになって食欲不振にも陥りやすいが、この暑さを乗り切るためには、カロリーを考え、きちんとした栄養を取ることが重要だ。  お勧めなのは、日本そば。「私が大のそば好き…続きを読む


臼居泰祐@東京(47NEWS)

東京

★2011/03/21

これが地獄の辛さ 「

 多くの人に親しまれている市民の駅に、昔も今も変わらない味でもてなす駅そばがある。その駅そばに、激辛を超える「激辛地獄きしめん」がある。その超辛~いきしめんが女性に人気だという。  「きしめん」といえば、名古屋の名物かけきしめ…続きを読む


アマデウス@岐阜 <岐阜新聞>

岐阜


★2011/03/14

栄養豊富でおなかも膨

 鹿沼市は「にら」の生産量・出荷量が県内一。その「にら」と鹿沼市名産の「そば」がコラボした「にらそば」。鹿沼市では“いろどり”と“かさまし”を兼ねて昔からごく当たり前に食べられてきたメニューである。  今回「にらそば」を食した…続きを読む


下野新聞社 <下野新聞>

栃木

★2010/11/22

もちっと感が最高 微

 3年ぶりの書き込みです。「どうも~」。今回は小職の地元、埼玉県の取材を敢行しました。ここ最近「B級グルメ」というのが地域の「町おこし」をしているということで、取材先は11月21日開催の「第7回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」に出展…続きを読む


BooBoo7@共同通信 (共同通信)

埼玉



 1   2  次へ>>

ここからタレこむ

 ニッポンのGOHANでは、知る人ぞ知る食べ物を募集しています。以下のメールアドレスにお知らせ頂ければ、各地の食いしん坊記者たちが取材に駆けつけるかも。


新聞社の(食)特集