記事検索

和食系



★2017/04/10

新鮮カツオ、自慢の美

 新鮮なカツオの刺し身にネギやシソなどの薬味が添えられ、食欲が湧く。約40種類の豊富なメニューを取りそろえ、観光客だけでなく地元客にも人気なのは「海の幸食堂さしみ亭」だ。店長で長男の嘉数善太朗さん(35)ら3兄弟と両親で家族経営し…続きを読む


山田優介@本部(沖縄タイムス)

沖縄

★2017/03/06

「改元御膳」「うどん

 開幕まで三週間を切った養老町の養老改元千三百年祭。主会場の養老公園へ足を運んだ際は、他では味わえないご当地のグルメに舌鼓を打つのも一興だ。お薦めしたい二つの料理を紹介する。   創業二百五十年余の伝統がある老舗旅館の「千歳楼」…続きを読む


平井剛@養老(中日新聞)

岐阜


★2017/01/30

薬膳美肌鍋 体ポカポ

 今月のテーマ・鍋の取材先を思案していると、食通の友人が薦めてくれたのが「ぶたと和いん」の「薬膳美肌鍋」(約2人前、3110円)。薬膳にも美肌にも心引かれるミドルエイジ、早速訪ねました。  しっとりと和の雰囲気で、栗原市発祥のブラ…続きを読む


河北新報@仙台(河北新報)

宮城

★2016/12/04

鶴岡・萬国屋が全国一

 全国の宿泊施設を対象にした「朝ごはんフェスティバル(R)2016」のファイナルステージが30日、東京で開かれ、鶴岡市のあつみ温泉にある老舗旅館「萬国屋」(前田新一社長)が、全国1554施設の頂点に輝いた。萬国屋は「自慢の芋煮で勝…続きを読む


山形新聞@鶴岡(山形新聞)

山形


★2016/11/27

「個食タイプ」「おた

 もうすぐ12月。師走の声を聞くと、お正月の準備にも拍車が掛かる。最近はおせち料理を通販などで取り寄せる人が増えている。そこで47NEWS編集部は大手通販サイト「アマゾン」の来年のおせち3種を入手。編集部員が食べ比べをしてみた。 …続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

★2016/10/31

ネタ良し、味良し、腕

 たまには回らないすしを食べたいけれど、街場のすし店は敷居が高い。特に都心で、しかもカウンターに着くなんて夢のまた夢。  そんな人に朗報だ。首都圏に30店舗を展開する旭鮨総本店(本社・東京都世田谷区)が、恵比寿ガーデンプレイス…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京


★2016/10/03

香美にぜいたくな「ダ

 カニと但馬牛という但馬を代表する二大食材を一度に味わえる「ダブルブランド鍋」が9月から、兵庫県香美町内の民宿や飲食店で一斉に登場した。ノドグロやアワビ、スッポンなどからも選ぶことができ、同町は「贅(ぜい)を尽くした鍋をぜひ食べに…続きを読む


黒川裕生@香美(神戸新聞)

兵庫

★2016/09/26

あこがれのマツタケご

 いよいよ、秋本番。秋と言えば、キノコ。キノコの王様と言えば、マツタケ。食べたい。でも高い。手が出ない。ああ、あこがれのマツタケよ。  だが、悲嘆に暮れることはない。手頃な値段で、たっぷりとマツタケを堪能できる企画が登場したの…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2016/09/19

大館の人気駅弁鶏めし

 大館市のJR奥羽線大館駅で70年近く駅弁「鶏めし」を販売している花善(大館市)は、店舗兼社屋の建て替えに合わせ、来年4月に弁当の製造能力を強化する。観光客の注文や催しでの販売が増え、繁忙期は注文に対応しきれないこともあった。八木…続きを読む


河北新報@大館(河北新報)

秋田

★2016/08/15

新ご当地グルメ「白神

 世界遺産・白神山地の自然に育まれた青森県津軽地方の海山の幸で観光客らをもてなそうと、同県弘前市の新たなご当地グルメ「白神めぐみ寿司(すし)」が7月にデビューした。同市内の飲食店7軒で提供している。  白神めぐみ寿司は、地元産の魚…続きを読む


河北新報@弘前(河北新報)

青森


★2016/07/18

海鮮姫路おでん登場 

 播磨灘の海の幸をご当地グルメに取り入れた「海鮮姫路おでん」が、JR姫路駅構内の商業施設・ピオレ姫路おみやげ館(兵庫県姫路市)のフードコート「播州うまいもん処(どころ)」にお目見えした。坊瀬漁業協同組合のブランド「白鷺鱧(しらさぎ…続きを読む


宮本万里子@姫路(神戸新聞)

兵庫

★2016/02/15

寒鯉の刺身味わって 

 寒さが厳しいこの時期こそコイが一番おいしい季節-。鯉(こい)料理の名所・佐賀県小城市小城町清水地区で、地元の料理店が初の特別イベント「清水・寒鯉まつり」を開いている。28日までの期間中、協力店でコイの洗いを注文すると、他では味わ…続きを読む


佐賀新聞@小城(佐賀新聞)

佐賀


★2016/02/05

SAで信州の味堪能 

 NHK大河ドラマ「真田丸」の放送に合わせ、車でドラマの舞台を訪れる観光客らに信州の味覚を楽しんでもらおうと、上田市周辺のサービスエリア(SA)などで、真田家にちなんだメニューをそろえたフェアを開催している。二月末まで。  高速…続きを読む


五十幡将之@上田(中日新聞)

長野

★2016/01/18

全国初、養殖スマ出荷

 和歌山県水産試験場(串本町)は12日、人工的に産卵させて育てた「スマ」(サバ科)を全国で初めて出荷すると発表した。東京や大阪の百貨店などに合計約40匹を出荷する。スマは「全身トロ」といわれるほど美味とされるが、日本ではほとんど漁…続きを読む


紀伊民報@串本(紀伊民報)

和歌山


★2016/01/11

京都「舞鶴おでん」レ

 「じゃこだし」で京都・舞鶴産の練り物や野菜などを煮込んだご当地グルメ「舞鶴おでん」がレトルト商品で登場、舞鶴赤れんがパーク(舞鶴市北吸)や道の駅「舞鶴港とれとれセンター」(同市下福井)などで販売されている。  同市の農家や練り…続きを読む


京都新聞@舞鶴(京都新聞)

京都

★2015/08/03

ご当地限定「琵琶湖八

 香ばしいコアユの天ぷらに、さくさくと食感の良いスジエビのかき揚げ丼-。大津市打出浜の居酒屋「からっ風」には、「琵琶湖八珍」の料理が日替わりでメニューに並ぶ。もともと湖魚料理を提供してきたが、ブランド化を目指す動きに共感し、2月ご…続きを読む


京都新聞@大津(京都新聞)

滋賀


★2015/06/21

「お嬢サバ」生け作り

 大阪市北区のサバ料理専門店「SABAR(サバー)」で19日、鳥取県栽培漁業センターで養殖されたマサバ「鳥取生まれの箱入り娘・お嬢サバ」の試食会が開かれ、新鮮な生け作りが披露された。  「お嬢サバ」は、地下海水をくみ上げた水槽で…続きを読む


大阪日日新聞@大阪(大阪日日新聞)

大阪

★2015/04/06

まろやかな味わい 黒

 上質な黒豚の肉を使った一人鍋。コクのあるかつおだしが肉やキャベツに染み込み、かむごとにうま味が広がる。値段も手頃で、常連客一押しのメニューだ。  使用する豚肉は鹿児島県産の六白黒豚。肉質は柔らかく、ほんのりと甘い脂が鍋に溶け…続きを読む


四国新聞@高松(四国新聞)

香川


★2015/01/09

姫路おでんに新商品 

 姫路おでん協同組合(兵庫県姫路市下寺町)は、レトルトパックの新商品「城ラベル」を、5日から同市内で発売する。レンコンなど地元産の食材を取り入れ、従来品より具材を充実させた。姫路城のグランドオープンに合わせ、土産物としての知名度ア…続きを読む


末永陽子@姫路(神戸新聞)

兵庫

★2015/01/05

みそと合わせる肝の滋

 茨城県北部の冬の名物と言えばあんこう。一見、不気味な姿と、さばきにくさのため、敬遠されることもあるが、どっこい名人の手にかかれば、味わい深い料理に仕立て上がる。東京・銀座にある茨城県のアンテナショップ「茨城マルシェ」で、あんこう…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

茨城


★2014/11/21

庶民の知恵が生んだ上

 「中も外も白いちくわがあるぞ!」。鳥取市に転勤した大学の同級生からそんな電話がかかってきたのは、かれこれ20年ほど前だった。「『とうふちくわ』って言うんだ」。興奮する同級生には申し訳なかったが、そのときは「珍しい食べ物があるもの…続きを読む


榎並秀嗣@鳥取(47NEWS)

鳥取

★2014/11/17

どっこい、今も生きて

 「そうは桑名の焼きはまぐり」なんていう戯れ言葉は今や死語の感もするが、どっこい現在も三重県桑名市は名産のはまぐりの売り込みに力を入れ、このほど2代目の「はまぐり大使」にお笑いコンビのCOWCOWを任命。そのお披露目を東京で行った…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

三重


★2014/11/10

謎多き、名物料理 新

 新潟県に「するてん」という名物料理がある―。「するめの天ぷら」のことらしいが、飲み込むのに苦労するほど固いするめを揚げて果たしておいしいものなのか…。そこで、正体を確かめるべく、戦国時代には上杉謙信の居城・春日山城、江戸時代には…続きを読む


榎並秀嗣@新潟・上越(47NEWS)

新潟

★2014/10/20

福島・常磐ものの魚介

 未曽有の被害を生み出した東日本大震災から3年半余り。福島県沖の魚は「常磐もの」として評価されてきたが、福島第1原発事故の影響で、今、現地の漁業はどうなっているのか。相馬市の松川浦漁港の試験操業を視察、地のものだけを使った料理の試…続きを読む


中村彰@福島・相馬(47NEWS)

福島


★2014/09/12

「有田焼五膳」食の名

 有田の新・ご当地グルメ「有田焼五膳」の3周年記念フォーラム&リニューアルメニュー発表が3日、有田町生涯学習センターであった。「五膳」は2011年8月のデビュー以来、3年間で3万4千食を突破しており、提供する町内5飲食店の店主らは…続きを読む


佐賀新聞@有田(佐賀新聞)

佐賀

★2014/09/08

秋の味覚と景色 楽し

 松茸(まつたけ)などキノコづくしの料理が味わえる明知鉄道(恵那市)の「きのこ列車」が7日から運行を始める。  きのこ列車は、恵那駅から終点の明智駅まで約1時間かけて走る。料理は恵那、中津川市の飲食店3店が交代で提供。マイタケ…続きを読む


岐阜新聞@恵那(岐阜新聞)

岐阜


★2014/05/19

金沢おでんを全国へ 

 ご当地グルメのレトルト食品と言えば、金沢カレーやトマトカレー、能登牛(のとうし )カレーなどカレーが定番となってきた。来春の北陸新幹線金沢開業に向け、金沢おでん の味を全国発信する新商品が誕生した。レトルト食品の製造過程では加熱…続きを読む


北國新聞@金沢(北國新聞)

★2014/04/30

グルメGPで1位奪回

 2月、鹿児島市であった「Show―1グルメグランプリ」の本大会。もっともおいしいと来場者に選ばれたのは「天然鱧(はも)入り志布志湾三昧(ざんまい)丼」で、レシピを考えた志布志中央商店街は志布志湾特産のハモを売り出そうと試行錯誤を…続きを読む


南日本新聞@もと志布志


★2014/03/24

山芋御膳が好評 今帰

 【今帰仁】今帰仁村立今帰仁小学校5年生の仲良し4人組「グルメファイターズ」が、昨年12月に開催された「第6回キッズ野菜料理コンテスト」(JAおきなわ主催)に出品し、優勝したメニュー「山芋御膳」が3日、村天底の橋の駅リカリカワルミ…続きを読む


新城孝博@今帰仁(琉球新報)

沖縄

★2014/03/03

東京・歌舞伎町にカキ

 日本随一の繁華街、東京・新宿の歌舞伎町の一角に新鮮な広島産カキを味わえる期間限定のカキ小屋が出現。多くの人が磯の香りを楽しみに来店している。  主催するのは、広島のカキ販売会社や歌舞伎町の振興を目指す地域団体などでつくる「広…続きを読む


中村彰@新宿(47NEWS)

東京



 1   2   3   4   5  次へ>>

ここからタレこむ

 ニッポンのGOHANでは、知る人ぞ知る食べ物を募集しています。以下のメールアドレスにお知らせ頂ければ、各地の食いしん坊記者たちが取材に駆けつけるかも。


新聞社の(食)特集