記事検索


★2017/09/04

五輪・パラリンピック

 二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの競技会場に予定されている八道県のご当地メニューが二十八日、都庁(新宿区)の職員食堂に登場する。第一庁舎三十二階、第二庁舎四階の食堂ともに九月八日まで、平日のランチタイム(午前十一時半~午後二時…続きを読む


唐沢裕亮@東京(東京新聞)

東京

★2017/07/31

冷え冷え! 体温下げ

 「過冷却」という言葉をご存じだろうか。液体をゆっくり冷やすと、凍結点以下の温度になっても凍らずに液体の状態を維持する現象だ。過冷却の液体に衝撃を与えると、一瞬で氷に変化するという不思議なことが起こる。全国に173店舗あるコーヒー…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2017/07/24

富士山頂と駿河湾で熟

 富士山の開山に合わせ、富士宮市の富士錦酒造(清(せい)信一社長)は、富士山頂と南伊豆町の駿河湾沖でそれぞれ熟成させた純米酒二本をセットにした「海と空」を発売した。まったく同じ酒が貯蔵法により異なる味わいとなっているのがポイントで…続きを読む


前田朋子@富士宮(中日新聞)

静岡

★2017/06/19

ジャガイモ入り焼そば

 【栃木】市内の焼きそば店15店でつくる「蔵の街とちぎおいしいじゃがいも入りやきそば研究会」(中沢健太(なかざわけんた)会長)は1日、オリジナルブランドの公認ソースを発売する。市が誇るB級グルメ「ジャガイモ入り焼きそば」と同研究会…続きを読む


下野新聞@栃木(下野新聞)

栃木


★2017/06/05

 ネットで話題「だし

 ツイッターなどでしばしば話題に上る「だしの自販機」。意外性が受け、SNS上では自販機とのツーショットや商品写真の投稿が相次ぎ、6千以上の「いいね!」がつく投稿も。ご存じでない方、安心してください。兵庫にもありますよ!(ネクスト編…続きを読む


ネクスト編集部@神戸(神戸新聞)

兵庫

★2017/05/28

人気の「ビール列車」

 兵庫県加西市と小野市を結ぶ第三セクター「北条鉄道」(加西市)は、車内で生ビールを味わう「ビール列車」を7、8月の4日間、運行する。車内にビールサーバーを設け、歌などのショーを鑑賞しながらほろ酔い気分を楽しむ。予約は6月1日午前9…続きを読む


河尻悟@加西(神戸新聞)

兵庫


★2017/05/22

清水もつカレー、食卓

 居酒屋メニューから、食卓の味へ―。静岡市清水区の市民グループが地元のソウルフード「清水もつカレー」を使ったコロッケを開発し、18日、清水駅前銀座商店街でお披露目試食会を開いた。  まちおこし組織「清水もつカレー総合研究所」(野口…続きを読む


静岡新聞@静岡(静岡新聞)

静岡

★2017/05/01

地酒「権太の涙」発売

 人情味のある下市町の魅力を味わってもらおうと、同町産の米で造った地酒「権太(ごんた)の涙」が発売された。  同町阿知賀で酒類販売業を営む川北寿麿さん(78)が、好きな日本酒で地産地消の町おこしをしようと2年前から計画。近くに住…続きを読む


奈良新聞@下市(奈良新聞)

奈良


★2017/03/20

春にぴったり、ロゼワ

 まだまだ寒い日が続いているが、日に日に春らしさが感じられる今日このごろ。何か春らしいものはないかと考えていたら、ありました。ほんのりとピンクに色づく爽やかなロゼワインの話題を今回はお届けします。  訪ねたのは東京・六本木の「…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京

★2017/02/27

全ての料理に塩こうじ

 日本伝統の調味料塩こうじと西洋料理。果たして合うのだろうかと思っていた。ところが、これが合うのである。びっくりした。  和洋中全ての料理に塩こうじを使う食事会「A TASTE OF TOKYO」(東京シェフズ主催、ハナマルキ…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2017/02/20

新グルメ「加古川ギュ

 兵庫県の加古川市が開発した新しいご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」の完成披露試食会が9日、JR加古川駅南の加古川プラザホテルであった。新グルメはみそベースのたれに漬けた牛肉を調理して使う料理。試食会には提供する市内の9店から7店…続きを読む


小林隆宏@加古川(神戸新聞)

兵庫

★2017/01/23

テイスティングならぬ

 テイスティングならぬティースティングはいかが? ワインのように紅茶を銘柄ごとに味や香りを楽しむ「ティースティング」を紅茶ブランドのリプトンが提案。このほど東京・渋谷で開かれた体験会に参加し、ワインと変わらぬ紅茶の奥の深さを堪能し…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2017/01/09

「伊万里牛の重箱御膳

 伊万里の新たなご当地グルメとして人気を呼んでいる「伊万里牛の重箱御膳」は、伊万里鍋島焼の伝統を継承する伊万里焼の重箱に、肉質4等級以上の伊万里産黒毛和牛を使った和風グルメをぎゅっと詰め込んだぜいたくな御膳です。  すき焼きやレ…続きを読む


佐賀新聞@伊万里(佐賀新聞)

佐賀

★2016/12/26

銀座で佐賀牛1万円 

 銀座で佐賀牛のコースが1万円(税別)と聞いて、最初は「さすが銀座、高いなあ」と思った。だが、コースを食べ進むにつれて、そんな考えは吹き飛んだ。  訪ねたのは銀座2丁目の「佐賀牛restaurantSAGAYA銀座」。肉料理店…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京


★2016/10/24

「大月力豚グルめぐり

 高知県幡多郡大月町の地域グルメを発信するグループが、町内の農家が生産する豚肉「力豚(りきぶた)」を使ったメニューを開発した。「大月力豚グルめぐり」と銘打ち、21日から町内の5飲食店で提供する。  大月町商工会や飲食店などでつく…続きを読む


高知新聞@大月(高知新聞)

高知

★2016/10/17

レトルトでお手軽、イ

 高梁市のご当地グルメ「インディアントマト焼そば」のPR組織・備中高梁食援隊(事務局・高梁商工会議所)は、レトルト版の商品を開発した。年内の店頭販売を目指して今後、価格や販路を検討する。  インディアントマト焼そばは、市特産のト…続きを読む


山陽新聞@高梁(山陽新聞)


★2016/10/10

「秋の鰹」は焼津で 

 全国一の水揚げを誇る焼津特産の鰹(かつお)をテーマにしたグルメイベント「焼津 秋の鰹三昧」(同実行委員会主催)が8日、焼津市中心街で始まる。11月20日までの期間中、すし店や和食店、居酒屋など10店舗が鰹を使った千円の限定メニュ…続きを読む


静岡新聞@焼津(静岡新聞)

静岡

★2016/09/05

馬の腸の煮込み「おた

 飯田商工会議所青年部(飯田市)が、馬の腸を煮込んだ伊那谷名物「おたぐり」を具材に使う焼きそば「おたそば」の開発に取り組んでいる。リニア中央新幹線開業を見据え、飯田市らしいB級グルメを作りたいと試行錯誤。飲食店経営者やシニア野菜ソ…続きを読む


信濃毎日新聞@飯田(信濃毎日新聞)

長野


★2016/08/22

毎月4日は「塩グルメ

 兵庫県赤穂市内の飲食店などでつくる「赤穂塩グルメ倶楽部(くらぶ)」が4日から、独自に調合した「晴塩(はれしお)」を使った商品の販売を始める。会員のラーメン店や居酒屋、洋菓子店など計14店がそれぞれ塩味を生かした16品を提供。来月…続きを読む


西竹唯太朗@赤穂(神戸新聞)

兵庫

★2016/08/08

知恵が生んだ力強い一

 南米大陸では初開催となるリオデジャネイロ五輪がついに開幕した。競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介を筆頭に日本勢も奮闘している。4回にわたって、世界各地の料理を紹介してきたこの企画の最後に取り上げるのは…続きを読む


榎並秀嗣@丸の内(47NEWS)

東京


★2016/06/27

忘れられぬこの味 東

 旅先で思いがけず口にして、その味を忘れられなくなった―。そんな食べ物が皆さんにもあるのではないか。  だが、海外の料理は帰国後に再び食べることが難しい。幸運なことに国内で再会できても、現地で味わったほどの感動がよみがえること…続きを読む


榎並秀嗣@代々木(47NEWS)

★2016/06/13

中東の奥深さ堪能 東

 中東料理と聞いてイメージするものは? 食材を串焼きにしたシシカバブなど、多くの人が世界三大料理に数えられるトルコ料理を頭に浮かべるのではないだろうか。  トルコ以外の国や地方の料理も負けず劣らず美味しい―。以前、食通の知り合…続きを読む


榎並秀嗣@麻布台(47NEWS)


★2016/06/06

3種のフカヒレ食べ比

 フカヒレの中でも、高級で一般的に使われるのは尾びれ。だが、川崎市中原区の居酒屋「海鮮問屋 浜の玄太丸 はなれ」では流通量の少ない背びれや胸びれに着目、メニューに加えた。  看板とするメニューは「3種のフカヒレ姿煮」(2580…続きを読む


中村彰@武蔵小杉(47NEWS)

神奈川

★2016/04/22

「氷温熟成鶏」の味わ

 牛肉やすしネタなどで「熟成」がちょっとしたブームになっている。その中で、今度は氷温で熟成させた鶏肉が登場。冷凍処理した鶏肉と食べ比べてみると、その味わい深さに驚かされる。  「氷温熟成鶏」と銘打って、看板メニューとすべく投…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2016/04/18

「電気味覚」は食文化

 25歳以上で高血圧と診断された人は2008年に世界で10億人を超え、1980年の6億人から大幅に増加し、25歳以上の少なくとも3人に1人が高血圧となる計算だという―。世界保健機関(WHO)が13年に発表した調査で明らかになった衝…続きを読む


榎並秀嗣@東京(47NEWS)

★2016/04/04

八丁味噌使い岡崎の3

 岡崎市名産の八丁味噌(みそ)を使い、市内三十二カ所の飲食店が赤ワインに合う新たなご当地グルメを売り出す「赤い糸プロジェクト」が、四月一日から始まる。市制百周年を記念するため市が昨年企画し、参加店が創意工夫を重ねて新メニューをつく…続きを読む


帯田祥尚@岡崎(中日新聞)

愛知


★2016/03/21

今日もがっつり! 那

那覇市安謝の「森口家」(もりぐちけ)にやってきました。お好み焼き屋さんです。 » 今日もがっつり!運転手メシ(150)那覇市曙のでいごでダブルカツ丼とダブルカツカレーを食べたの巻 県道251号、カメラのキタムラ新都心店を那覇国…続きを読む


沖縄タイムス@那覇(沖縄タイムス)

沖縄

★2016/02/29

沖縄2人目の「はちみ

 【南城】繊細な味の違いやハチの生態などについて豊富な知識を持つ「はちみつマイスター」の資格を、南城市内の金城真弓さん(52)がこのほど取得した。全国に211人おり、沖縄県内では2人目、女性では初。おいしいだけでなく健康にも役立つ…続きを読む


又吉健次@南城(沖縄タイムス)

沖縄


★2015/12/07

石州瓦で焼く 石見グ

 石州瓦焼きで石見地方の食をPR-。島根県西部の飲食、宿泊の10施設が、石州瓦を使った陶板焼きのメニューを提供するキャンペーンを始めた。訪れる観光客に対し、石見の風景を彩る瓦とセットで食の魅力を堪能してもらう。  大田市以西の観…続きを読む


山陰中央新報@浜田(山陰中央新報)

島根

★2015/11/16

大阪らしさ全開 新メ

 大阪のプロの料理人らが新メニューを競うコンテストで上位入賞した作品を味わえるグルメイベント「食の都・大阪レストランウイーク2015ウインター」が13日から府内の37店74店舗で始まる。粟おこしなど外観や素材にコンテストのテーマ「…続きを読む


大阪日日新聞@大阪(大阪日日新聞)

大阪



 1   2   3   4  次へ>>

ここからタレこむ

 ニッポンのGOHANでは、知る人ぞ知る食べ物を募集しています。以下のメールアドレスにお知らせ頂ければ、各地の食いしん坊記者たちが取材に駆けつけるかも。


新聞社の(食)特集