47NEWS >  地域ニュース >  ニッポンのGOHAN >  すべての記事
記事検索


★2017/01/16

コッペパンに美味の魔

 JR浦和駅にほど近い街角に、先がとんがった魔女の帽子からデザインしたロゴが印象的なパン屋がある。二〇一五年十二月にオープンした「魔女のコッペパン」。店主は自ら魔女を名乗る菅原宏美さん。「かむと後から甘みがくる。それでいてふわっと…続きを読む


東京新聞@浦和(東京新聞)

埼玉

★2017/01/09

「伊万里牛の重箱御膳

 伊万里の新たなご当地グルメとして人気を呼んでいる「伊万里牛の重箱御膳」は、伊万里鍋島焼の伝統を継承する伊万里焼の重箱に、肉質4等級以上の伊万里産黒毛和牛を使った和風グルメをぎゅっと詰め込んだぜいたくな御膳です。  すき焼きやレ…続きを読む


佐賀新聞@伊万里(佐賀新聞)

佐賀


★2016/12/26

銀座で佐賀牛1万円 

 銀座で佐賀牛のコースが1万円(税別)と聞いて、最初は「さすが銀座、高いなあ」と思った。だが、コースを食べ進むにつれて、そんな考えは吹き飛んだ。  訪ねたのは銀座2丁目の「佐賀牛restaurantSAGAYA銀座」。肉料理店…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京

★2016/12/18

高知家のうまいもの大

 高知県産品の販路開拓や拡大を図る「高知家のうまいもの大賞2017」の最終審査会が12月6日、高知市九反田の高知市文化プラザかるぽーとで開かれ、大賞に利休(高知県吾川郡いの町)の「けずり芋 荒けずり」が選ばれた。高知家のうまいもの…続きを読む


高知新聞@いの(高知新聞)

高知


★2016/12/12

美咲の新グルメ「温玉

 「たまごかけごはんの店~らん」(岡山県美咲町吉ケ原)は、新メニュー・温玉どんぶりの提供を始めた。  温かいご飯の上に、町内産の温泉卵、ネギトロ、山芋、オクラ、刻みのりをトッピング。同町柵原地区産の黄ニラを使い、卵かけご飯用とし…続きを読む


山陽新聞@美咲(山陽新聞)

岡山

★2016/12/04

鶴岡・萬国屋が全国一

 全国の宿泊施設を対象にした「朝ごはんフェスティバル(R)2016」のファイナルステージが30日、東京で開かれ、鶴岡市のあつみ温泉にある老舗旅館「萬国屋」(前田新一社長)が、全国1554施設の頂点に輝いた。萬国屋は「自慢の芋煮で勝…続きを読む


山形新聞@鶴岡(山形新聞)

山形


★2016/11/27

「個食タイプ」「おた

 もうすぐ12月。師走の声を聞くと、お正月の準備にも拍車が掛かる。最近はおせち料理を通販などで取り寄せる人が増えている。そこで47NEWS編集部は大手通販サイト「アマゾン」の来年のおせち3種を入手。編集部員が食べ比べをしてみた。 …続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

★2016/11/20

ジビエ1グランプリ 

 シカやイノシシなどのジビエ料理を楽しむ「第5回四国ジビエグルメフェスタ」が6日、高知県長岡郡大豊町中村大王の「ゆとりすとパークおおとよ」で開かれ、県内外約1300人の来場客でにぎわった。高知大学の学生が初めて企画した「ジビエ1グ…続きを読む


高知新聞@大豊(高知新聞)

高知


★2016/11/14

古書店街でロシア料理

 プーチン大統領が来月、日本に来る。プーチンさんと言えばロシア、だからロシア料理を食べなくては。それ以外に理由はない。  というわけで、行ってきましたロシアレストランに。古書店街で知られる神田神保町にある「ろしあ亭」。店名です…続きを読む


太田@東京(47NEWS)

東京

★2016/11/07

11月1日再オープン

 極厚ロースのソースカツ丼が人気で昨年末惜しまれつつ店を閉めた会津若松市門田町の「お食事処(どころ)むらい」が11月1日に再オープンする。  同店は昭和55年に開店、ボリューム満点のカツ丼はグルメ雑誌にも数多く取り上げられた。平成…続きを読む


福島民報@会津若松(福島民報)

福島


★2016/10/31

ネタ良し、味良し、腕

 たまには回らないすしを食べたいけれど、街場のすし店は敷居が高い。特に都心で、しかもカウンターに着くなんて夢のまた夢。  そんな人に朗報だ。首都圏に30店舗を展開する旭鮨総本店(本社・東京都世田谷区)が、恵比寿ガーデンプレイス…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京

★2016/10/24

「大月力豚グルめぐり

 高知県幡多郡大月町の地域グルメを発信するグループが、町内の農家が生産する豚肉「力豚(りきぶた)」を使ったメニューを開発した。「大月力豚グルめぐり」と銘打ち、21日から町内の5飲食店で提供する。  大月町商工会や飲食店などでつく…続きを読む


高知新聞@大月(高知新聞)

高知


★2016/10/17

レトルトでお手軽、イ

 高梁市のご当地グルメ「インディアントマト焼そば」のPR組織・備中高梁食援隊(事務局・高梁商工会議所)は、レトルト版の商品を開発した。年内の店頭販売を目指して今後、価格や販路を検討する。  インディアントマト焼そばは、市特産のト…続きを読む


山陽新聞@高梁(山陽新聞)

★2016/10/10

「秋の鰹」は焼津で 

 全国一の水揚げを誇る焼津特産の鰹(かつお)をテーマにしたグルメイベント「焼津 秋の鰹三昧」(同実行委員会主催)が8日、焼津市中心街で始まる。11月20日までの期間中、すし店や和食店、居酒屋など10店舗が鰹を使った千円の限定メニュ…続きを読む


静岡新聞@焼津(静岡新聞)

静岡


★2016/10/03

香美にぜいたくな「ダ

 カニと但馬牛という但馬を代表する二大食材を一度に味わえる「ダブルブランド鍋」が9月から、兵庫県香美町内の民宿や飲食店で一斉に登場した。ノドグロやアワビ、スッポンなどからも選ぶことができ、同町は「贅(ぜい)を尽くした鍋をぜひ食べに…続きを読む


黒川裕生@香美(神戸新聞)

兵庫

★2016/09/26

あこがれのマツタケご

 いよいよ、秋本番。秋と言えば、キノコ。キノコの王様と言えば、マツタケ。食べたい。でも高い。手が出ない。ああ、あこがれのマツタケよ。  だが、悲嘆に暮れることはない。手頃な値段で、たっぷりとマツタケを堪能できる企画が登場したの…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2016/09/19

大館の人気駅弁鶏めし

 大館市のJR奥羽線大館駅で70年近く駅弁「鶏めし」を販売している花善(大館市)は、店舗兼社屋の建て替えに合わせ、来年4月に弁当の製造能力を強化する。観光客の注文や催しでの販売が増え、繁忙期は注文に対応しきれないこともあった。八木…続きを読む


河北新報@大館(河北新報)

秋田

★2016/09/12

明るく白い店でケーキ

 羽島市桑原町八神にある吉川養鶏の直売所「COCCOPURIO」が10日、リニューアルオープンした。約60平方メートルの明るい店内に、手作りの新商品カステラなど、新鮮な卵をふんだんに使った洋菓子が並んでいる。  養鶏場では約五千…続きを読む


鈴木凜平@羽島(中日新聞)

岐阜


★2016/09/05

馬の腸の煮込み「おた

 飯田商工会議所青年部(飯田市)が、馬の腸を煮込んだ伊那谷名物「おたぐり」を具材に使う焼きそば「おたそば」の開発に取り組んでいる。リニア中央新幹線開業を見据え、飯田市らしいB級グルメを作りたいと試行錯誤。飲食店経営者やシニア野菜ソ…続きを読む


信濃毎日新聞@飯田(信濃毎日新聞)

長野

★2016/08/29

糖質抑えた「魔法のピ

 しょんぼりとうつむいただぶついた体が、場面が転換するとすっきりと引き締まった体に。表情も自信にあふれている。そう、「結果にコミットする」トレーニングジム・RIZAP(ライザップ)のコマーシャル。同社のダイエット法の基本は、糖質の…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2016/08/22

毎月4日は「塩グルメ

 兵庫県赤穂市内の飲食店などでつくる「赤穂塩グルメ倶楽部(くらぶ)」が4日から、独自に調合した「晴塩(はれしお)」を使った商品の販売を始める。会員のラーメン店や居酒屋、洋菓子店など計14店がそれぞれ塩味を生かした16品を提供。来月…続きを読む


西竹唯太朗@赤穂(神戸新聞)

兵庫

★2016/08/15

新ご当地グルメ「白神

 世界遺産・白神山地の自然に育まれた青森県津軽地方の海山の幸で観光客らをもてなそうと、同県弘前市の新たなご当地グルメ「白神めぐみ寿司(すし)」が7月にデビューした。同市内の飲食店7軒で提供している。  白神めぐみ寿司は、地元産の魚…続きを読む


河北新報@弘前(河北新報)

青森


★2016/08/08

知恵が生んだ力強い一

 南米大陸では初開催となるリオデジャネイロ五輪がついに開幕した。競泳男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介を筆頭に日本勢も奮闘している。4回にわたって、世界各地の料理を紹介してきたこの企画の最後に取り上げるのは…続きを読む


榎並秀嗣@丸の内(47NEWS)

東京

★2016/08/01

夏でも手軽にジビエを

 狩猟のシーズンは秋から冬にかけて。だから、猟の獲物を意味するジビエの料理は、寒い時期にちゃんとしたフレンチのレストランでしか味わえないような印象がある。  こんな常識を覆したのが、ベックスコーヒーショップとベッカーズを関東な…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2016/07/25

味、食感の複雑さに夢

 今年、約半世紀にわたる軍主導の政権から昨年11月の総選挙結果に基づく文民政権への権力移譲が完了したミャンマー。旧国名の「ビルマ」を含めると名前こそ知っているが、その実態についてはまだまだ知られていない国の料理を味わおうと、JR高…続きを読む


榎並秀嗣@高田馬場(47NEWS)

★2016/07/18

海鮮姫路おでん登場 

 播磨灘の海の幸をご当地グルメに取り入れた「海鮮姫路おでん」が、JR姫路駅構内の商業施設・ピオレ姫路おみやげ館(兵庫県姫路市)のフードコート「播州うまいもん処(どころ)」にお目見えした。坊瀬漁業協同組合のブランド「白鷺鱧(しらさぎ…続きを読む


宮本万里子@姫路(神戸新聞)

兵庫


★2016/07/11

ヨーグルトだけじゃな

 東欧にはロマンを感じる―。不思議なことに昔からそうだった。フランスやイタリア、イギリスといった西欧諸国に比べると、その土地についての情報が少ないため、勝手にミステリアスなイメージを持ってしまうからだろうか。  だが、そんな東…続きを読む


榎並秀嗣@八重洲(47NEWS)

東京

★2016/07/04

夕張メロンや〝韓流〟

 いよいよ夏本番。暑さの中、つい手が出てしまう冷たいスイーツ。今年は高額の夕張メロンや、韓国から進出の韓流スイーツなど新機軸が登場した。  高級品として知られる夕張メロン。今年5月の初競りではご祝儀相場ではあるものの、2玉で…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京


★2016/06/27

忘れられぬこの味 東

 旅先で思いがけず口にして、その味を忘れられなくなった―。そんな食べ物が皆さんにもあるのではないか。  だが、海外の料理は帰国後に再び食べることが難しい。幸運なことに国内で再会できても、現地で味わったほどの感動がよみがえること…続きを読む


榎並秀嗣@代々木(47NEWS)

★2016/06/20

高知の「おち担々麺」

高知市で初開催された「四国食1グランプリ(GP)」は6月5日閉幕し、投票の結果、高知県高岡郡越知町の地域おこし協力隊が考案した「おち担々麺」が初代グランプリに輝いた。2日間で約1万2500人(主催者発表)が四国4県のご当地グルメ…続きを読む


高知新聞@越知(高知新聞)

高知



 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  次へ>>

ここからタレこむ

 ニッポンのGOHANでは、知る人ぞ知る食べ物を募集しています。以下のメールアドレスにお知らせ頂ければ、各地の食いしん坊記者たちが取材に駆けつけるかも。

 読んだ記事にコメントを投稿して、ニッポンのGOHANをもりあげていきましょう!


新聞社の(食)特集