47NEWS >  地域ニュース >  ニッポンのGOHAN >  すべての記事
記事検索


★2017/04/24

カリカリのトーストサ

 あれはいつのことだったろうか。少し時間がたってしまって、表面がパサつきかけたサンドイッチがあった。ふと思いついて、オーブントースターであぶってみると、思いのほかおいしいトーストサンドができあがった。以来、好物の一つとなっている。…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京

★2017/04/17

大町のソウルフード 

 炭鉱マンに愛された大町町のちゃんぽん風の細麺うどん「たろめん」の味を再現したポップコーンが発売された。ショウガ風味の牛骨スープを感じるピリ辛味。「大町たろめん運営協議会」加盟の6店で販売している。  たろめんの周知とPRを狙っ…続きを読む


佐賀新聞@大町(佐賀新聞)

佐賀


★2017/04/10

新鮮カツオ、自慢の美

 新鮮なカツオの刺し身にネギやシソなどの薬味が添えられ、食欲が湧く。約40種類の豊富なメニューを取りそろえ、観光客だけでなく地元客にも人気なのは「海の幸食堂さしみ亭」だ。店長で長男の嘉数善太朗さん(35)ら3兄弟と両親で家族経営し…続きを読む


山田優介@本部(沖縄タイムス)

沖縄

★2017/04/03

珍味ぎっしり伊那の弁

 伊那市の三大珍味、イナゴ、ザザムシ、ハチの子などをぎっしり詰めた「伊那谷名物 珍味弁当」の試食会が三十一日、同市中央の伊那商工会議所で開かれた。四月九日に伊那公園(同所)で開かれる「桜まつり」で、同公園桜愛護会が限定百食で販売す…続きを読む


岩田忠士@伊那(中日新聞)

長野


★2017/03/27

ドラゴンラーメンがV

 大船渡市のお薦めメニューを発掘・PRする「大船渡グルメグランプリ2016」(大船渡ブランド化推進会議主催)で、同市三陸町綾里の軽食喫茶たんぽぽ(金野千枝子店主)のドラゴンラーメンが2連覇を達成した。同店は4月、東日本大震災前に店…続きを読む


岩手日報@大船渡(岩手日報)

岩手

★2017/03/20

春にぴったり、ロゼワ

 まだまだ寒い日が続いているが、日に日に春らしさが感じられる今日このごろ。何か春らしいものはないかと考えていたら、ありました。ほんのりとピンクに色づく爽やかなロゼワインの話題を今回はお届けします。  訪ねたのは東京・六本木の「…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京


★2017/03/13

日本酒には和食? い

 「日本酒には和食」という固定概念を、打ち破ってくれるお店が一番町にあるのをご存じですか?  それが「本格酒処シマウマ酒店」です。本格的な中華料理を小皿で提供し、日本酒とのマッチングが楽しめます。  しかし、なぜに中華と日本酒を合…続きを読む


岡@仙台(河北新報)

宮城

★2017/03/06

「改元御膳」「うどん

 開幕まで三週間を切った養老町の養老改元千三百年祭。主会場の養老公園へ足を運んだ際は、他では味わえないご当地のグルメに舌鼓を打つのも一興だ。お薦めしたい二つの料理を紹介する。   創業二百五十年余の伝統がある老舗旅館の「千歳楼」…続きを読む


平井剛@養老(中日新聞)

岐阜


★2017/02/27

全ての料理に塩こうじ

 日本伝統の調味料塩こうじと西洋料理。果たして合うのだろうかと思っていた。ところが、これが合うのである。びっくりした。  和洋中全ての料理に塩こうじを使う食事会「A TASTE OF TOKYO」(東京シェフズ主催、ハナマルキ…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

★2017/02/20

新グルメ「加古川ギュ

 兵庫県の加古川市が開発した新しいご当地グルメ「加古川ギュッとメシ」の完成披露試食会が9日、JR加古川駅南の加古川プラザホテルであった。新グルメはみそベースのたれに漬けた牛肉を調理して使う料理。試食会には提供する市内の9店から7店…続きを読む


小林隆宏@加古川(神戸新聞)

兵庫


★2017/02/12

一宮の「どてカラ丼」

 土手煮や唐揚げ、一宮産の卵をのせた一宮市のご当地グルメ「どてカラ丼」の人気がじわりと広がっている。開発から一年余りで市内二十店舗で販売されるようになり、一月末からはコンビニ大手「ミニストップ」の五百七十店でも取り扱うように。レシ…続きを読む


植木創太@一宮(中日新聞)

愛知

★2017/02/06

館山炙り海鮮丼5周年

 館山市の地場産食材にこだわったご当地グルメ「館山炙(あぶ)り海鮮丼」が1日、5周年を記念してリニューアルされた。新たに郷土料理のさんが焼きとなめろうが入り、地元色を強くした。市内4店舗で一日数量限定で昼食時に提供する。食をきっか…続きを読む


千葉日報@館山(千葉日報)

千葉


★2017/01/30

薬膳美肌鍋 体ポカポ

 今月のテーマ・鍋の取材先を思案していると、食通の友人が薦めてくれたのが「ぶたと和いん」の「薬膳美肌鍋」(約2人前、3110円)。薬膳にも美肌にも心引かれるミドルエイジ、早速訪ねました。  しっとりと和の雰囲気で、栗原市発祥のブラ…続きを読む


河北新報@仙台(河北新報)

宮城

★2017/01/23

テイスティングならぬ

 テイスティングならぬティースティングはいかが? ワインのように紅茶を銘柄ごとに味や香りを楽しむ「ティースティング」を紅茶ブランドのリプトンが提案。このほど東京・渋谷で開かれた体験会に参加し、ワインと変わらぬ紅茶の奥の深さを堪能し…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)


★2017/01/16

コッペパンに美味の魔

 JR浦和駅にほど近い街角に、先がとんがった魔女の帽子からデザインしたロゴが印象的なパン屋がある。二〇一五年十二月にオープンした「魔女のコッペパン」。店主は自ら魔女を名乗る菅原宏美さん。「かむと後から甘みがくる。それでいてふわっと…続きを読む


東京新聞@浦和(東京新聞)

埼玉

★2017/01/09

「伊万里牛の重箱御膳

 伊万里の新たなご当地グルメとして人気を呼んでいる「伊万里牛の重箱御膳」は、伊万里鍋島焼の伝統を継承する伊万里焼の重箱に、肉質4等級以上の伊万里産黒毛和牛を使った和風グルメをぎゅっと詰め込んだぜいたくな御膳です。  すき焼きやレ…続きを読む


佐賀新聞@伊万里(佐賀新聞)

佐賀


★2016/12/26

銀座で佐賀牛1万円 

 銀座で佐賀牛のコースが1万円(税別)と聞いて、最初は「さすが銀座、高いなあ」と思った。だが、コースを食べ進むにつれて、そんな考えは吹き飛んだ。  訪ねたのは銀座2丁目の「佐賀牛restaurantSAGAYA銀座」。肉料理店…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京

★2016/12/18

高知家のうまいもの大

 高知県産品の販路開拓や拡大を図る「高知家のうまいもの大賞2017」の最終審査会が12月6日、高知市九反田の高知市文化プラザかるぽーとで開かれ、大賞に利休(高知県吾川郡いの町)の「けずり芋 荒けずり」が選ばれた。高知家のうまいもの…続きを読む


高知新聞@いの(高知新聞)

高知


★2016/12/12

美咲の新グルメ「温玉

 「たまごかけごはんの店~らん」(岡山県美咲町吉ケ原)は、新メニュー・温玉どんぶりの提供を始めた。  温かいご飯の上に、町内産の温泉卵、ネギトロ、山芋、オクラ、刻みのりをトッピング。同町柵原地区産の黄ニラを使い、卵かけご飯用とし…続きを読む


山陽新聞@美咲(山陽新聞)

岡山

★2016/12/04

鶴岡・萬国屋が全国一

 全国の宿泊施設を対象にした「朝ごはんフェスティバル(R)2016」のファイナルステージが30日、東京で開かれ、鶴岡市のあつみ温泉にある老舗旅館「萬国屋」(前田新一社長)が、全国1554施設の頂点に輝いた。萬国屋は「自慢の芋煮で勝…続きを読む


山形新聞@鶴岡(山形新聞)

山形


★2016/11/27

「個食タイプ」「おた

 もうすぐ12月。師走の声を聞くと、お正月の準備にも拍車が掛かる。最近はおせち料理を通販などで取り寄せる人が増えている。そこで47NEWS編集部は大手通販サイト「アマゾン」の来年のおせち3種を入手。編集部員が食べ比べをしてみた。 …続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

★2016/11/20

ジビエ1グランプリ 

 シカやイノシシなどのジビエ料理を楽しむ「第5回四国ジビエグルメフェスタ」が6日、高知県長岡郡大豊町中村大王の「ゆとりすとパークおおとよ」で開かれ、県内外約1300人の来場客でにぎわった。高知大学の学生が初めて企画した「ジビエ1グ…続きを読む


高知新聞@大豊(高知新聞)

高知


★2016/11/14

古書店街でロシア料理

 プーチン大統領が来月、日本に来る。プーチンさんと言えばロシア、だからロシア料理を食べなくては。それ以外に理由はない。  というわけで、行ってきましたロシアレストランに。古書店街で知られる神田神保町にある「ろしあ亭」。店名です…続きを読む


太田@東京(47NEWS)

東京

★2016/11/07

11月1日再オープン

 極厚ロースのソースカツ丼が人気で昨年末惜しまれつつ店を閉めた会津若松市門田町の「お食事処(どころ)むらい」が11月1日に再オープンする。  同店は昭和55年に開店、ボリューム満点のカツ丼はグルメ雑誌にも数多く取り上げられた。平成…続きを読む


福島民報@会津若松(福島民報)

福島


★2016/10/31

ネタ良し、味良し、腕

 たまには回らないすしを食べたいけれど、街場のすし店は敷居が高い。特に都心で、しかもカウンターに着くなんて夢のまた夢。  そんな人に朗報だ。首都圏に30店舗を展開する旭鮨総本店(本社・東京都世田谷区)が、恵比寿ガーデンプレイス…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)

東京

★2016/10/24

「大月力豚グルめぐり

 高知県幡多郡大月町の地域グルメを発信するグループが、町内の農家が生産する豚肉「力豚(りきぶた)」を使ったメニューを開発した。「大月力豚グルめぐり」と銘打ち、21日から町内の5飲食店で提供する。  大月町商工会や飲食店などでつく…続きを読む


高知新聞@大月(高知新聞)

高知


★2016/10/17

レトルトでお手軽、イ

 高梁市のご当地グルメ「インディアントマト焼そば」のPR組織・備中高梁食援隊(事務局・高梁商工会議所)は、レトルト版の商品を開発した。年内の店頭販売を目指して今後、価格や販路を検討する。  インディアントマト焼そばは、市特産のト…続きを読む


山陽新聞@高梁(山陽新聞)

★2016/10/10

「秋の鰹」は焼津で 

 全国一の水揚げを誇る焼津特産の鰹(かつお)をテーマにしたグルメイベント「焼津 秋の鰹三昧」(同実行委員会主催)が8日、焼津市中心街で始まる。11月20日までの期間中、すし店や和食店、居酒屋など10店舗が鰹を使った千円の限定メニュ…続きを読む


静岡新聞@焼津(静岡新聞)

静岡


★2016/10/03

香美にぜいたくな「ダ

 カニと但馬牛という但馬を代表する二大食材を一度に味わえる「ダブルブランド鍋」が9月から、兵庫県香美町内の民宿や飲食店で一斉に登場した。ノドグロやアワビ、スッポンなどからも選ぶことができ、同町は「贅(ぜい)を尽くした鍋をぜひ食べに…続きを読む


黒川裕生@香美(神戸新聞)

兵庫

★2016/09/26

あこがれのマツタケご

 いよいよ、秋本番。秋と言えば、キノコ。キノコの王様と言えば、マツタケ。食べたい。でも高い。手が出ない。ああ、あこがれのマツタケよ。  だが、悲嘆に暮れることはない。手頃な値段で、たっぷりとマツタケを堪能できる企画が登場したの…続きを読む


中村彰@東京(47NEWS)



 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11  次へ>>

ここからタレこむ

 ニッポンのGOHANでは、知る人ぞ知る食べ物を募集しています。以下のメールアドレスにお知らせ頂ければ、各地の食いしん坊記者たちが取材に駆けつけるかも。

 読んだ記事にコメントを投稿して、ニッポンのGOHANをもりあげていきましょう!


新聞社の(食)特集