47NEWS >  地域ニュース >  ニッポンのGOHAN >  弁当系  >  珍味ぎっしり伊那の弁当 9日「桜まつり」で限定販売
記事検索

珍味ぎっしり伊那の弁当 9日「桜まつり」で限定販売

2017/04/03

長野

昆虫食やジビエ料理が楽しめる珍味弁当=伊那市で

ラブ度: ★★★

 
クリーミー ジビエも 限定百食

 伊那市の三大珍味、イナゴ、ザザムシ、ハチの子などをぎっしり詰めた「伊那谷名物 珍味弁当」の試食会が三十一日、同市中央の伊那商工会議所で開かれた。四月九日に伊那公園(同所)で開かれる「桜まつり」で、同公園桜愛護会が限定百食で販売する。

 伊那谷が誇る食文化を伝えようと、六年前から祭りに合わせて弁当を販売。昆虫はほかにカイコのさなぎ、成虫に近い大きさのオオスズメバチもあり、イノシシやクマやシカのジビエ、寒ブナも詰めた。これらはすべて市内産で、伊那名物ローメンも入れた。

 試食会には行政、観光の関係者らが参加。同商議所職員の中野響子さん(23)は、オオスズメバチを食べるのは初めてで、恐る恐る口にすると「クリーミーでおいしい」と笑顔。「自然が豊かな伊那でしか味わえない伝統食の魅力を広くアピールしたい」と話した。………≪中日新聞の記事(2017年4月1日付)≫(全文はこちら)


岩田忠士@伊那(中日新聞)


お店情報

地図はこちら

店名伊那公園桜愛護会


住所長野県伊那市中央、伊那公園
営業日4月9日
連絡先竜門、0265(78)7151
値段1500円

<オススメ>「伊那谷名物 珍味弁当」


最新記事

もっとみる>>

新聞社の(食)特集