47NEWS >  地域ニュース >  ニッポンのGOHAN >  バーガー・サンド系  >  カリカリのトーストサンド 東京・表参道に専門店が誕生【GOHAN特製原稿】
記事検索

カリカリのトーストサンド 東京・表参道に専門店が誕生【GOHAN特製原稿】

2017/04/24

東京

各種のトーストサンドイッチ

ラブ度: ★★★★

 

 
お腹にすんなり 具が一体 野菜たっぷり

 あれはいつのことだったろうか。少し時間がたってしまって、表面がパサつきかけたサンドイッチがあった。ふと思いついて、オーブントースターであぶってみると、思いのほかおいしいトーストサンドができあがった。以来、好物の一つとなっている。


 そんなところに朗報が舞い込んだ。東京・表参道に専門店「トーストサンドイッチバンブー」がオープン。さっそく足を運んでみた。地下鉄表参道駅からわずか30秒。青山通りの一本裏の穴場的な場所だ。


 定番のサンドは照り焼きチキン、グリーンペッパーポーク、ツナマヨ(各850円)の3種類。その中からポークを注文する。


 目の前の鉄板にパンを並べトースト。火力が強いので、1分もたたないうちにこんがりと色づいてくる。鉄板の上で具材を載せ、あっという間に調理は完了。具材はメインのポークのほか、薄焼き卵、チェダーチーズ、ピクルスや、キャベツ、ニンジン、レタスがぎっしり。自家製トマトケチャップで味付けしている。




目の前の鉄板でてきぱきと調理してくれる


 出来上がりを一度、紙でラップ。包みごと半分に切って、手渡してくれる。中身をこぼさずに食べやすくするための気配りだ。


 厚みのあるボリューミーなサンドイッチにかぶりつく。外側のパンはカリッ、もっちりした豚肉とたっぷり詰まったシャキシャキの野菜が一体となって、舌と胃の腑を刺激する。もっと腹にずっしりとくるかと思ったが、野菜が多いためすんなりとお腹に落ち着いた。


 合わせるドリンクでお薦めなのが自家製ジンジャエール(400円)。結構ショウガを効かせ、甘さ控えめのため、口の中がさっぱりとする。


 メニューは定番のほか、ローストビーフ(1480円)、海老アボカド(1080円)、ミルフィーユたまご(550円)、ソフトシェルクラブ(1480円)。圧巻なのがソフトシェルクラブ。殻ごと食べられるカニの空揚げが丸ごと一杯入っている。次は何とも大胆なこれに挑戦してみよう。


中村彰@東京(47NEWS) |2017/04/24|11:25


お店情報

地図はこちら

店名「トーストサンドイッチバンブー」


住所東京都港区北青山3-5-23
営業時間午前10時半~午後10時半
連絡先03(6447)2922

<オススメ>トーストサンドイッチ


最新記事

もっとみる>>

新聞社の(食)特集