47NEWS >  地域ニュース >  ニッポンのGOHAN >  ノンジャンル系  >  3種のフカヒレ食べ比べ 部位ごとに違う食感【GOHAN特製原稿】
記事検索

3種のフカヒレ食べ比べ 部位ごとに違う食感【GOHAN特製原稿】

2016/06/06

神奈川

3種のフカヒレ姿煮

ラブ度: ★★★★

 
柔らかい口溶け 特製ソース 胸びれに着目

 フカヒレの中でも、高級で一般的に使われるのは尾びれ。だが、川崎市中原区の居酒屋「海鮮問屋 浜の玄太丸 はなれ」では流通量の少ない背びれや胸びれに着目、メニューに加えた。


 看板とするメニューは「3種のフカヒレ姿煮」(2580円)。中でも自慢は胸びれだ。胸びれは尾びれに比べて、形状を保った処理が難しいなどの理由で、加工品やスープの材料に使われることが多いという。サイズが大きく、繊維が細かいので柔らかい口溶けが特徴だ。口に入れるとふわっと舌の上に広がる。


 背びれは尾びれと似て、きれいな円形をしているが、胸びれとは逆に繊維質が太いので、シャキシャキとした歯ごたえが特徴。3部位とも、たまりしょうゆを使った特製のオイスターソースで丁寧に調理されている。




調理前の3種のフカヒレ=川崎・武蔵小杉の「海鮮問屋 浜の玄太丸 はなれ」


 フカヒレメニューはこればかりではない。前菜、締め、デザートとなる品目をそろえ、フカヒレ仕立てのコースのように食べることができる。


 前菜には、「フカヒレの濃厚豆腐白和え」(680円)と「九条ネギとフカヒレのさっぱり和え」(同)。どちらも胸びれを使い、プリプリの食感を味わえる。


 食事としては、「コラーゲンフカヒレ寿司」(880円)と「フカヒレあんかけチャーハン」(980円)の2品。背びれを使った寿司は濃厚なウニと相まって、深みのある味わい。一方のチャーハンは胸びれを使用。柔らかく煮込まれた塩味の胸びれが口の中でほろほろとほどけ溶ける。


 驚いたのは、デザートにもフカヒレが含まれていることだ。「濃厚ココナッツ フカヒレブリュレ」(780円)は、ミルクベースのクリームにほのかに甘い尾びれが隠れている。砂糖を焼き焦がした上面にも尾びれをトッピング。かりかりとしたキャラメル状の表面とのハーモニーは抜群だ。


中村彰@武蔵小杉(47NEWS) |2016/06/06|14:04


お店情報

地図はこちら

店名「海鮮問屋 浜の玄太丸 はなれ」


住所川崎市中原区小杉町3-261
営業時間午後5時―翌午前1時
定休日日曜
連絡先044(819)5411
値段2580円

<オススメ>3種のフカヒレ姿煮


最新記事

もっとみる>>

新聞社の(食)特集