47NEWS >  スポーツ >  大相撲

最新PHOTO

大相撲最新ニュース (共同通信)

大相撲、懸賞本数が1場所最多 千秋楽結びには61本

大相撲初場所は25日、千秋楽を迎え、15日間の懸賞本数が過去最多の1625本となった。これまでは昨年秋場所の1381本が最も多かった。

千秋楽結びの白鵬―鶴竜には、観客の投票で決まる「森永賞」1本を含めて61本が懸かった。本来は50本が上限だが、日本相撲協会は申し込みをすべて受けることにした。今後の上限の変更は未定。千秋楽は137本で、協会に残る記録では2番目に多かった。

単独史上最多の33度目の優勝を達成した白鵬への懸賞を中心に、今場所は新規で9件の申請があった。協会の担当者は「これまでは増えても1、2件だった。9件というのは驚いた」と話した。

[記事全文]


初場所優勝三賞受賞力士

幕内優勝力士名優勝回数成績部屋出身地
白鵬33度目15戦全勝宮城野モンゴル

殊勲賞該当者なし
敢闘賞力士名受賞回数
照ノ富士
技能賞該当者なし

十両優勝力士名優勝回数成績部屋出身地
北太樹2度目13勝2敗北の湖東京

幕下優勝力士名成績部屋出身地
正代7戦全勝時津風熊本

三段目優勝力士名成績部屋出身地
竜電7戦全勝高田川山梨

序二段優勝力士名成績部屋出身地
佐藤7戦全勝貴乃花兵庫

序ノ口優勝力士名成績部屋出身地
諫誠7戦全勝境川長崎