47NEWS >  スポーツ >  ロンドン五輪 >  事実誤認でIOCに再調査要望へ 室伏選手の無効でJOC
事実誤認でIOCに再調査要望へ 室伏選手の無効でJOC

室伏広治選手

 国際オリンピック委員会(IOC)選手委員の選挙で、陸上男子ハンマー投げの室伏広治選手(ミズノ)が選挙活動に違反があったとして当選を無効にされた問題で、日本オリンピック委員会(JOC)は17日、東京都内で幹部会を開き、IOCに事実誤認があるとして再調査を要望する方針を決めた。  回答を受けた上で室伏選手の意向も踏まえ、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴するかを今月末までに判断する。  JOCは選挙結果の発表直後にIOCに説明を求め、事務局レベルで回答を得たが、選挙活動が禁止された場所での行動など… [記事全文]