47NEWS >  スポーツ >  北京五輪 >  摘発の舞台裏~ドーピング
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。
昨年11月、北京五輪のメーン会場から程近い五輪センターで「中国反ドーピングセンター」の開所式が行われた。五輪に合わせて新築された施設の総面積は5500平方メートル。7月末の選手村開村から、これまでで最多となる約4500件の検査を行う予定だ。 北京五輪でドーピング検査を担当する「中国反ドーピングセンター」の開所式=07…    [記事全文]
【共同通信】