47NEWS >  スポーツ >  北京五輪 >  記者ブログ >  CCTVの取材受ける 挑発的な質問も!
記事全文
CCTVの取材受ける 挑発的な質問も!
08/21 [共同通信・塚越敏彦]

 中国中央電視台(CCTV)がインタビュー取材にやってきた。「東方時空」というニュース・ワイド番組のクルーだ。北京五輪も閉幕が近づき、外国メディアが五輪をどう評価しているかについて、そろそろまとめ番組の制作に入っているからだ。

 中国のテレビは影響力が大きい。何億人が見ているか分からない。うっかり舌を滑らすと、ネットで集中砲火を浴びかねない。できることなら、断りたいところだが、せっかく同業の中国人の紹介でやってきたので、そうもいかない。

 中国語で答えるのかと思ったら、そうではなかった。女性キャスターが中国語で質問し、こちらは日本語で答える。同席している通訳が、その答えを中国語に翻訳するという形式。その方が外国人に取材している雰囲気が出て良いそうだ。

 「五輪の評価は?」「印象に残ったことは?」といった通り一遍の質問ばかりかと思っていたら、女性キャスターはかなり微妙で挑発的な質問も浴びせてくる。

 「中国が大量に金メダルを取ったことを、日本人はどう思っているか」「中国の観客のマナーをどう評価するか」「北京五輪は浪費という説もあるが…」「五輪のために人民が多大な不便を被ったという人もいるが…」「取材でトラブルはなかったか」。こうした微妙な質問を浴びせないと、視聴率に影響してくるのだろう。

 中国が国家威信をかけてやっている五輪。今のところほとんど問題もなく、順調に進んでいる以上、基本的には褒めておくに如くは無しだ。BBCやCNNも取材すると言っていたが、どんな番組ができるのだろうか。

【写真】メディアの取材合戦(共同)


固定リンク

http://www.47news.jp/sports/olympics/beijing/blog/2008/08/post_32.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://office.kyodo.co.jp/mt-cgi/mt-tb.cgi/71624

コメント

コメントしてください


必須


必須


ロード中 関連記事を取得中...