47NEWS >  スポーツ >  北京五輪 >  記者ブログ >  「禁煙五輪」じゃなかったの?
記事全文
「禁煙五輪」じゃなかったの?
08/20 [共同通信・清水敬善]

 中国が国際的なイメージ向上のために掲げた「禁煙五輪」。競技会場とその周辺は禁煙で、喫煙所も一切設けられていない。市内の多くの公共施設も禁煙とされ、10万人の禁煙監視員が配置されているという。

 この徹底した禁煙方針におそれをなして、私は北京入りする2カ月も前から禁煙を始めていた。たばこなしでは仕事が手に付かなかったため、吸わなくても仕事ができる体にしておこうと考えたからだ。

 ところが、吸えるのだ。一般の観客とは別に設けられているメディア関係者の出入り口。ここにはしっかりと灰皿が設けられ、取材を終えた各国の記者たちがおいしそうにたばこを吸っている。灰皿はあっという間にいっぱいになり、ボランティアらが吸い殻をせっせと片付ける。

 一般市民にはたばこを吸わせず、メディアはすぱすぱ。これって特別扱いなんじゃないの?何よりも、私の禁煙は何だったのか。釈然としないまま五輪が終わろうとしている。


固定リンク

http://www.47news.jp/sports/olympics/beijing/blog/2008/08/post_31.html

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://office.kyodo.co.jp/mt-cgi/mt-tb.cgi/71376

コメント

コメントしてください


必須


必須


ロード中 関連記事を取得中...