47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  JOCは早急に確認の方針 ハンマー投げ薬物違反で
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。
 北京五輪陸上男子ハンマー投げのドーピング違反で室伏広治(ミズノ)が繰り上げで銅メダルを獲得する可能性が高くなったことについて、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は4日、「早急に事実確認をしたい」と述べ、国際オリンピック委員会(IOC)など関係機関に確認する意向を明らかにした。  日本…     [記事全文]  
2008/09/04 12:04   【共同通信】

 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...