47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  阪神新井は腰椎の疲労骨折 今季中の復帰は微妙か
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。
阪神は26日、北京五輪野球の日本代表で4番を務めた新井貴浩内野手が、帰国後に大阪市内の病院で検査を受け「第5腰椎の疲労骨折」と診断されたと発表した。全治期間は明らかになっていないが、状況次第では今季中の復帰は微妙な事態となった。 常川チーフトレーナーは「1週間は患部の安静が必要…     [記事全文]  
2008/08/26 18:06   【共同通信】

 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...