47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  「平和の祭典」へ回帰 次期開催のロンドン
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。
国家の威信を懸け政治の影がつきまとった北京から、五輪旗がロンドンに渡った。1908年、48年に続く3度目の開催となるロンドンは、近代五輪をリードしてきた自負を背景に、2012年開催で新たな五輪像を打ち出す構え。五輪本来の理念である「平和の祭典」を重視、欧州が得意とする環境技術を駆使した「エコ五…     [記事全文]  
2008/08/25 08:35   【共同通信】

 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...