47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  「姉弟恋」カップル急増 北京、恋愛観に変化
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

「姉弟恋」カップル急増 北京、恋愛観に変化

 [動画を見る]

経済発展に伴い若者の恋愛観も多様化した中国。年下の俳優と結婚した人気女性歌手、フェイ・ウォンさんらスターの影響もあり、北京では「姉弟恋」と呼ばれる女性が年上のカップルが急増、話題となっている。

北京市郊外の高級マンションに暮らす写真家の李征さんと17歳年上の妻、余暁霞さん。2002年夏に出合った2人は、当時32歳だった李さんの猛烈なアタックの末、3カ月で結婚。「仕事で美しいモデルや女優にたくさん会ったけど、彼女ほど成熟して美しい女性はいなかった」と李さん。

当時は女性が年上のカップルが少なく、一回り以上の年齢差を周囲は心配した。余さんも年齢が気になり、当初は結婚をためらったが、「今はこの人の妻で本当に幸せ」とほほ笑む。自宅玄関には李さんが撮った愛妻の写真がずらりと並ぶ。

金や地位より愛情が大切という価値観の夫妻。売れっ子の写真家だった李さんは「2人の時間を大切にしたい」と結婚を機に仕事も休業し、蓄えたお金で生活している。

「姉弟恋」増加について、ある女性は「恋愛観の変化に加え、隣人との関係が薄れ世間体も気にしなくてよくなったためだろう」と話した。(北京、共同)



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...