47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  法華津が代表あいさつ
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

法華津が代表あいさつ

 馬術日本代表の慰労会が20日、馬術会場となった香港で開かれ、五輪日本選手団の史上最年長出場を果たした67歳の法華津寛(アバロン・ヒルサイドファーム)が「思うような結果が出せず、じくじたる思いも多少あるが、それぞれ次を目指して頑張っていきたい」と選手を代表してあいさつした。

 馬場馬術の法華津は初日の競技で馬がスクリーンを怖がり後ろ向きになるアクシデントもあって、上位25人によるグランプリスペシャルに進めなかった。(共同)



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...