47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  299万9999円 バドミントン代表に報奨金
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。
日本バドミントン協会が、女子ダブルスでアテネ五輪優勝の中国ペアを破る活躍などを見せて4位となった末綱聡子、前田美順組(NEC・SKY)ら、北京五輪の日本代表に対して総額「299万9999円」の報奨金を検討していることが20日、分かった。 同協会は大会前に銅メダル獲得には300万…     [記事全文]  
2008/08/20 12:42   【共同通信】

 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...