47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  中国、ネット作家が急増 月収160万の売れっ子も
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

中国、ネット作家が急増 月収160万の売れっ子も

 [動画を見る]

インターネット利用者が2億5000万人を超えた中国。若者の間ではブログに自身の日常をつづることも一般的になった。そんな中、10-20代のネット作家が続々とデビューし、文学界に「革命」を起こしている。

唐家三少さん(27)(ペンネーム)は、15万人のネット作家が登録する「起点中文網」の売れっ子作家。2004年に興味本位で書き始めた幻想小説がヒットし、今では台湾や韓国で本が出版されるまでになった。

新作「琴帝」は、少年が音楽を使う魔術師に成長する物語で、アクセス数は1400万を突破。印税を含めた月収は、北京市民の平均月収の約50倍の10万元(約160万円)以上だ。

「ネットは読者の反応がすぐに返ってくる。出版社に原稿を手渡すのは時代遅れだよ」と唐家さん。最近のネット作家の急増は、自分の考えや不満を発信したい若者が増えたためと分析する。

北京市郊外のマンションで新妻とつつましく暮らす。「五輪に合わせ、バスケットボールを題材にした小説を書きかけたんだけど、他の仕事が忙しすぎて断念したんだ」。色白の青年ははにかんだように笑った。(北京、共同)



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...