47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  拝啓、マイケル・フェルプス様

拝啓、マイケル・フェルプス様

 とうとうやりましたね。「夢の7冠」達成おめでとうございます。
 
 すさまじいレースでした。こんな展開を誰が予想したことでしょう。北京ではいつも1人悠々抜けだしゴール。そんなシーンを当たり前のように見慣れて来たものですから、正直驚きました。
ferupus2.jpg

 折り返しは、隣のコースを泳いだカビッチ(セルビア)に0秒62引き離されて7位。でも、それからが王者の意地と実力の見せどころでしたね。

 猛烈なスパートでしたが、ゴールのタッチはカビッチが先だったようにも見えました。でも、あなたの勝利への執念が実りました。とっさに最後のストロークを小さくしてタッチを合わせた技術がものをいったのです。100分の1秒差での決着でした。

 「負けたと思った。でも違った結果となった」。それは瞬時の杞憂で、国際水連がビデオ検証で結果の正しさを証明しています。

 36年前に7冠を成し遂げたマーク・スピッツさん(米国)がAP通信の電話インタビューで「史上最高のスイマーで五輪選手」と言った上「史上最高のスポーツ選手かもしれない」とあなたを絶賛しています。

 われらがヒーロー、北島康介さん(日本コカ・コーラ)は「彼は1人だけ違うところにいる。僕のあこがれ」といっています。アスリートたちばかりでなく、北京五輪を見守った世界中の人たちがその勇姿を目と心に焼き付けているはずです。

 世界新でのタイトル奪取は途切れました。でも17日の400メートルメドレーリレーも勝って新記録の8冠が達成されることを期待しています。

 蛇足ですが一言。「水の怪物」もいいのですが、歴史に残る新たな尊称はないものかと首をひねっています。

敬具
 一ファンより

【写真】7冠達成を祝福するスタンドの声にこたえるフェルプス(共同)