47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  直立、目光らす学生 炎天下で首都の治安守る
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

直立、目光らす学生 炎天下で首都の治安守る

 [動画を見る]

 炎天下の北京。天安門広場の前を東西に走る目抜き通りの長安街で、約20人の学生がひたすら立ち続けている。額に汗がにじむが、直立したまま微動だにしない。

TR2008080700601.jpg


 時折道を尋ねる人がいるが、道案内のために立っているわけではない。そろいのTシャツには「首都治安ボランティア」の文字。北京五輪で首都の治安を守るため、目を光らせているのだ。

 付近のホテル「北京飯店」には国際オリンピック委員会(IOC)関係者が宿泊。不審者を見かければ、即座に警察に通報する。五輪閉幕まで毎日続くこの任務は、2人1組の交代制で正午から午後5時まで。

 いすはなく、「君たち学生に何ができるんだ」と通行人に嫌みを言われた女子学生も。最近は日差しが強くなり、パラソルが支給された。ある男子学生は「すべては五輪のため。つらくはありません」と言う。

 治安ボランティアは北京の街角のあちこちに配置されている。住宅街の一角では、そろいのTシャツを着た中年男女のグループが24時間の監視態勢をとっている。(北京、共同)

【写真】北京五輪で、首都の治安を守るためパラソルの下で立ち続けるボランティア(共同)



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...