47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  馬術
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

馬術

 馬術 五輪では1900年第2回パリ大会で初めて実施された。男女の区分がないのが特徴で、歩行を通じて人馬一体の演技を披露する馬場馬術、障害物を過失なしに飛び越える障害飛越、この2種目に耐久(野外騎乗)を加えて3日間で行う総合馬術がある。

 日本は32年ロサンゼルス大会の大障害でウラヌス号に騎乗した西竹一が金メダルを獲得した。馬の検疫の問題から、北京大会の馬術競技は香港が会場となり、これまでの日本選手団で最年長となる67歳の法華津寛も出場する。



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...