47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  五輪スポンサー
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

五輪スポンサー

 五輪スポンサー 五輪マークの独占的使用権など、商業化路線が推進された1984年ロサンゼルス大会以降、協賛社制度が整備された。国際オリンピック委員会(IOC)が契約を結ぶ最高位スポンサーは「TOP(ジ・オリンピック・プログラム)」と呼ばれる。

 2005―08年が対象となる第6期は12社が契約し、協賛金総額は約8億6600万ドル(約910億円)。IOCは各五輪組織委員会が直接契約するスポンサーも認めており、大会運営費の捻出などに役立てられている。



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...