47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  競技数
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

競技数

 競技数 1896年の第1回アテネ大会は陸上、水泳、テニス、体操、レスリング、自転車、フェンシング、射撃の8競技43種目でスタートした。第2回大会は16競技86種目と倍増し、64年東京大会は20競技163種目が実施された。

 88年ソウル大会以降、卓球、野球、バドミントン、ソフトボールなどが順次新競技として加わり、北京大会は28競技302種目となる。12年ロンドン大会では野球とソフトボールの実施競技からの除外が決定しており、26競技が行われる。



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...