47NEWS >  共同ニュース >  北京五輪 >  強敵を科学的に徹底分析 柔道、一本にもこだわらず
 伝統を重んじる古都が、国際基準の祭典を前にどう変わろうとしているのか。五輪の街角から報告する。
 世界のトップアスリートが集う五輪を直前に控えて変わりゆく中国。北京五輪開催の意義を、多様な観点から聞いた。

強敵を科学的に徹底分析 柔道、一本にもこだわらず

 柔道はアテネ五輪で計8個の金メダルを量産したが、北京では苦戦を強いられそうだ。全日本柔道連盟(全柔連)の吉村和郎(よしむら・かずお)強化委員長は「アテネの前は各階級4、5人をマークすればよかったが、北京は倍以上の選手を研究する必要がある」と判断、強敵を徹底的に分析する策に出た。

攻める谷亮子

世界選手権の女子48キロ級決勝で、キューバのヤネト・ベルモイを攻める谷亮子=07年9月、リオデジャネイロ(共同)

 全柔連は2005年から外国人選手の映像収集を強化した。国立スポーツ科学センターと連携して映像をデータベース化し、いつでもパソコンで見られるシステムを構築した。

 海外遠征には強化委員会の科学研究部が同行し、1大会あたり500―700試合を撮影。蓄積したデータは9000試合近くに上る。階級ごとに有力選手の映像をDVDにまとめてコーチと選手に配布した。

 互いに競い合って柔道を世界に広めるという視点から、全柔連はこれまで外国と積極的に映像を交換した。しかし五輪を前に余裕はない。このほどフランスから4月の欧州選手権と、谷亮子(たに・りょうこ)(トヨタ自動車)の映像の交換を求められたが断ったという。科学研究部の佐藤伸一郎(さとう・しんいちろう)特別委員は「世界も日本の情報を欲しがっている。情報戦も熾烈(しれつ)」と話した。

 昨秋の世界選手権48キロ級を制した谷の一本勝ちは、アテネ五輪が4試合中3だったのに対し5試合中1。「各国のスタイルが違うので対応しないと勝てない。一本を目指す日本の柔道が正しいとは限らない」と説明した谷に限らず、多くの代表がこの思いを持つ。

 日本の神髄は一本を追求する姿勢にあるが、固執しては勝てなくなった。世界の情勢を把握し、適応しようとする意識が頂点への礎となる。



 最新のニュース


ロード中 関連記事を取得中...