バレーボールVリーグ3部「V・チャレンジリーグ2」に参戦する女子チーム「ブレス浜松」の藤原道生監督や選手4人が25日、浜松市役所を訪れ、2016―17シーズンの活動を鈴木康友市長に報告した。  リーグ参戦2シーズン目のブレス浜松は、6チーム3回戦総当たりの15戦で、試合を戦い、10勝5敗の29?で2位の成績を収めた。入れ替え戦に進んだが、惜敗して上位リーグへの昇格は果たせなかった。  藤原監督は「明確な課題も見えた。(11月から始まる)次のシーズンこそは優勝して昇格したい」と意気込み、市章を入れたユニホームや地域の観光PRの取り組みなど、地域に密着したチームの活動を紹介した。  菅原麻衣選手…     記事全文

2017/04/26 10:08  【静岡新聞】

バレーボールの写真


バレーボールの記事