47NEWS >  スポーツ >  各地のスポーツ >  その他  >  県立武道館の予算案提出へ 建設費は50億円台後半
 その他

 佐久市猿久保で2019年度中に利用開始予定の県立武道館について、県が建設に関連する予算案を22日開会の県会11月定例会に提出する方針を固めたことが15日、分かった。建設費は当初50億円程度としていたが、50億円台後半となる見込み。関係者によると、武道以外でも多目的に利用できるよう配慮したことなどにより、当初の見通しより膨らんだという。  県は県立武道館について、基本設計と、最終的な計画となる実施設計を担う設計業者を16年11月に決定。来年度前半に着工したい考えで現在、実施設計を進めている。予算案には建設業者の選定に向け、来年度分の予算をあらかじめ確保する債務負担行為として計上する見通しだ。...    
[記事全文]

2017/11/15 16:00  【信濃毎日新聞】 


その他の最新ニュース