47NEWS >  スポーツ >  ゴルフ >  岡山県民ゴルフ、大嶋炎が初V 高精度ショットの大阪学院大2年

ゴルフ

 ゴルフ

 来年の福井国体につながるゴルフの岡山県民大会(県ゴルフ協会主催、山陽新聞社共催)は10日、総社市の吉備CC(6750ヤード、パー72)で決勝があり、大阪学院大2年の大嶋炎(倉敷市)が3アンダー、69で初優勝した。  晴天微風の好コンディションの中、大嶋は精度の高いショットを武器に3バーディー、ノーボギーで回った。1打差の2位に前年王者で作陽高出の生源寺龍憲(京都府京田辺市)、さらに1打差の3位に池田隆二(岡山市)が入った。  9、10月に行われた予選、準決勝の通過者とシード選手の計124人が18ホールストロークプレーで競った。上位20人は来年4月25、26日に赤磐市の山陽GCである福井国...    
[記事全文]

2017/11/11 11:53  【山陽新聞】 


ゴルフの最新ニュース