47NEWS >  スポーツ >  各地のスポーツ >  その他  >  ラグビー 故平尾さんを35年間撮影 大阪で写真展
 その他

 昨年10月に53歳の若さで亡くなったラグビー元日本代表監督の平尾誠二さんをしのぶ写真展が、大阪市の書店で14日から開かれる。撮影したのは、35年にわたって平尾さんを見詰め続けたカメラマン岡村啓嗣(ひろつぐ)さん=東京都。展示作品約30点は希望者に販売し、収益は平尾さんと親交の深かった山中伸弥京都大教授が所長を務める京大iPS細胞研究所に寄付する。岡村さんは「人々の心に少しでも『平尾誠二』が残ってくれればうれしい」と話す。(小森準平)  岡村さんと平尾さんの出会いは、平尾さんが同志社大1年生だった1982年の東京・国立競技場。全国大学ラグビー選手権の準決勝で敗れて悔しがる平尾さんの姿に強い印...    
[記事全文]

2017/10/12 16:30  【神戸新聞】 


その他の最新ニュース