47NEWS >  スポーツ >  各地のスポーツ >  その他  >  重量挙げ・木下選手、日本新161キロ えひめ国体
 その他

 第七十二回国民体育大会(愛顔つなぐえひめ国体)は六日、愛媛県内などで行われ、県勢は重量挙げの成年男子94キロ級スナッチで木下竜之選手(県体育協会)が日本新記録の161キロを挙げ、初優勝を飾った。同77キロ級スナッチでは安達貴弘選手(若狭東高教員)が136キロで三位に入った。  馬術では成年男子スピードアンドハンディネスの仁田原知毅選手(福井工大)が三位に入ったほか、成年女子馬場馬術の天谷幸枝(あまがいさちえ)選手(福井工大職員)が5位、少年標準障害飛越の上田瑠威(るい)選手(福井工大福井高)が六位に入った。  この日から愛媛国体は後半戦。天皇杯(男女総合成績)で十位以内を目標とする福井は...    
[記事全文]

2017/10/07 16:42  【中日新聞】 


その他の最新ニュース