47NEWS >  スポーツ >  サッカー >  サンガ監督「市民と歩みたい」 京都・亀岡スタジアムで
 サッカー|J2

 京都サンガの選手と交流できるイベント「亀岡サッカーデー」が15日に開催されるのを前に、布部陽功監督らが3日、桂川孝裕亀岡市長を表敬訪問した。布部監督は「多くの人と触れあえるのが楽しみ。待ち望んだスタジアムができるため、今後も亀岡の人たちとサッカーを通じて歩んでいきたい」と話した。  桂川市長は「2020年度の試合からはホームとして使ってもらえる。市民が身近に感じられるように、取り組んでいく」とし、サンガの山中大輔社長は「いい若手選手が来てくれたため、育てたい」と述べた。  サッカーデーは亀岡市曽我部町の亀岡運動公園競技場で午前10時から開催。京都サンガの選手27人全員が参加する。子どもサ...    
[記事全文]

2017/10/05 11:24  【京都新聞】 


サッカー|J2の最新ニュース