47NEWS >  スポーツ >  各地のスポーツ >  陸上・駅伝・マラソン  >  男子は湯本一V、主将・長谷川が10人抜き鼓舞 福島県中学駅伝
 陸上・駅伝・マラソン

 駅伝の第60回福島県中学校体育大会は5日、福島市の県営あづま総合運動公園で開かれ、男子は湯本一、女子は天栄がそれぞれ大会新記録で優勝を飾った。湯本一は4年ぶり4回目、天栄は初優勝。地区大会を勝ち抜いた男女各33校が出場。男子は6区間18.05キロ、女子は5区間11.87キロでたすきをつないだ。男子の湯本一は4区で2位に順位を上げると5区でトップに立ち、2位の高田を37秒引き離して快勝した。女子の天栄は2区から好位置につけ、5区の終盤で若松一に逆転した。優勝校は12月16、17日に滋賀県で開かれる全国大会に、上位3校は11月3、4日に宮城県で開かれる東北大会に出場する。...    
[記事全文]

2017/10/06 12:26  【福島民友新聞】 


陸上・駅伝・マラソンの最新ニュース