47NEWS >  スポーツ >  サッカー >  J2松本とJ3長野 ともに8強ならず 天皇杯4回戦
 サッカー|天皇杯

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第6日は20日、各地で4回戦8試合が行われた。松本山雅(J2)は松本市のアルウィンに神戸(J1)を迎え、0―2で敗れた。長野県代表のAC長野パルセイロ(J3)は長野市の長野Uスタジアムで磐田(J1)に0―1で敗れ、県勢の2クラブはともに初の8強入りを逃した。  松本山雅は16日のリーグ戦で先発した選手のうち5人が先発に入った。前半23分、自陣右サイドから失点。これ以外はほとんどチャンスをつくらせず、前半は相手シュートを2本に抑えた。後半も押し気味に試合を進めながらゴール前の精度を欠き、36分に追加点を奪わ...    
[記事全文]

2017/09/21 10:50  【信濃毎日新聞】 


サッカー|天皇杯の最新ニュース