47NEWS >  スポーツ >  各地のスポーツ >  その他  >  朝乃山攻め込むも詰め甘く、星五分 大相撲秋場所
 その他

 31歳のベテランの引き技に屈し、星が五分に戻った。13日の大相撲秋場所4日目(東京・両国国技館)で、東前頭16枚目の朝乃山(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、近畿大の七つ先輩で同15枚目、徳勝龍(木瀬部屋)に突き落としで敗れた。「負けて相撲を覚える。前に出ていたから悔いはない」と気持ちを切り替えた。   朝乃山にとって、幕内で既に23場所取っている徳勝龍は、学生時代からテレビで見ていた存在。今場所は3連敗スタートでやや元気がない先輩とは、稽古も含めて初対戦となった。  立ち合いは突っ張ってくるとの予想に反して組み合ったが、不得手の左差しとなり、上手が取れなかった。右から絞りながら攻...    
[記事全文]

2017/09/14 10:10  【北日本新聞】 


その他の最新ニュース