47NEWS >  スポーツ >  野球 >  四国アイランドリーグ徳島、4度目栄冠には打線奮起がカギ
 野球|四国アイランドリーグplus

 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスと香川オリーブガイナーズが年間総合優勝を争うチャンピオンシップ(CS)が23日、JAバンク徳島スタジアムで始まる。前期優勝の徳島は後期に得点力が下がったのに対し、後期を制した香川は投手力が向上。徳島が3年ぶり4度目の栄冠をつかむためには打線の奮起が不可欠となる。  徳島は後期、主力の外国人野手が相次いで退団。補強をせずチーム力の底上げに向けて出番の少なかった若手を起用したが、結果を残せなかった。後期のチーム打率は2割5分(前期2割8分)、1試合平均得点は3・6点(5・6点)にとどまり、最下位に沈む大きな要因となった。  今季の直接対決は...    
[記事全文]

2017/09/23 12:22  【徳島新聞】 


野球|四国アイランドリーグplusの最新ニュース