47NEWS >  スポーツ >  各地のスポーツ >  その他  >  「スポーツクライミング」競技熱上昇 静岡県内の小中学年代
 その他

 2020年東京五輪の追加種目として注目されるスポーツクライミング。静岡県内でも小中学年代の競技熱が高まっている。メディアに登場する機会が増え、認知度が向上。保護者の間では水泳や体操クラブのような子どもの“習い事”としても定着し始めている。  浜松市東区のスクエアクライミングセンターは小学生対象のスクールを週4日開講。1日2人の定員は満員で18年度分も入会待ちだ。「この2、3年で問い合わせが増えた。親が子どもにやらせてみたいスポーツになっている」と中村光孝代表。昨春から受講する男子児童(浜松中部小6年)は「難しいコースを登れた時が楽しい。夢はプロクライマー」と意欲的に取り組む。  県内三つのボ...    
[記事全文]

2017/08/12 16:02  【静岡新聞】 


その他の最新ニュース