47NEWS >  スポーツ >  サッカー >  サッカー U-20日本代表、磐田の小川航が先制弾
 サッカー|その他

 20日に韓国で開幕するサッカーU―20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表は15日、北中米2位のホンジュラス代表とエコパスタジアムで親善試合を行った。エース小川航基(磐田)らが3得点し、大会前最後の対外試合を白星で締めた。  日本は前半15分、CKから小川航が頭で合わせて先制。前半に2失点したが、後半早々に坂井(大分)のPKで追い付き、18分に板倉(川崎)が勝ち越し点を決めた。  試合後の練習試合(30分1本)は1―0だった。  U―20日本 3(1―2 2―0)2 U―20ホンジュラス  ▽得点者【日】小川、坂井(PK)、板倉【ホ】アルバレス、ブエルト...    
[記事全文]

2017/05/16 10:39  【静岡新聞】 


サッカー|その他の最新ニュース