47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  バスケ 福井大会 北陸が優勝 藤島を圧倒

高校スポーツ

バスケ 福井大会 北陸が優勝 藤島を圧倒

 バスケットボールの全国高校選手権(ウインターカップ、12月23~29日・東京)第2次福井県予選会は5日、福井商業高(福井市)で男女の準決勝以上が行われた。男子決勝は北陸が136―66で藤島を下し、39年連続40度目の優勝を飾った。女子は足羽が113―58で仁愛女子を破り、6年連続23度目の頂点に立った。ウインターカップはこれまでの「全国高校選抜優勝大会」から「全国高校選手権大会」に名称変更された。  ■夏「自滅」の反省生かして  伝統の堅守速攻を磨き直している。男子決勝で圧倒的な力で優勝を決めた北陸の久井茂稔監督は「インターハイ(全国高校総体)の反省は詰めることができている」と手応えをつかんだ。  課題に掲げたのは守備のカバーリング。今夏の全国高校総体では守備のヘルプの遅れ、インサイドのファウルトラブルなど「自滅」(同監督)し、まさかの2回戦敗退。この反省から、トレーナーをつけて脚...[記事全文]

11/06  【福井新聞】


高校スポーツ最新ニュース