47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  ラグビー 三重大会 朝明、六年連続八回目の優勝

高校スポーツ

ラグビー 三重大会 朝明、六年連続八回目の優勝

 全国高校ラグビー大会県大会の決勝が五日、鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜(もり)鈴鹿であり、朝明(四日市市)が四日市工業(同)に41-12で勝ち、六年連続八回目の優勝を果たし花園出場を決めた。  朝明は前半4分、右中間にトライを決め先制。前半で計3トライを奪い、17-7で折り返した。後半も快調に5トライを決め、優位に試合を進めた。  四日市工は前半と後半でそれぞれモールを押し込み計2トライを返したが、及ばなかった。  朝明は、十二月二十七日に大阪府東大阪市の近鉄花園ラグビー場で開幕する全国高校ラグビー大会に出場する。 ◆確信の2トライ、朝明のトゥーリング選手  「トライできるな」と確信した。後半5分、朝明のWTBトゥーリング・マーク選手(二年)は迫るタックルをかわしながら、笑顔でゴールライン中央に飛び込んだ。  一六九センチ、六七キロと、ラグビー選手の中では小柄だ。パスを受けた...[記事全文]

11/06  【中日新聞】


高校スポーツ最新ニュース