47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  ラグビー 三重大会 朝明が優勝 8度目の花園

高校スポーツ

ラグビー 三重大会 朝明が優勝 8度目の花園

全国高校ラグビーフットボール三重県大会は5日、鈴鹿市御薗町のスポーツの杜鈴鹿メイングラウンドで決勝があり、朝明が41―12で四日市工を下し、6年連続8度目の優勝を決めた。朝明は12月27日に大阪市の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。 朝明は前半4分、中央ラックから右展開し、簑洞が右中間トライで先制を決めると、その後も試合を優位に進めた。 四日市工は後半30分、ゴール前右ラインアウトモールを押し込んで、佐々木が右隅にトライを決めたが及ばなかった。 諏訪和希主将(18)は「対戦チームらの思いを背負い、一つでも多く勝ち上がっていきたい」と意気込みを見せた。 試合を振り返り保地直人監督(43)は「(チームの持ち味の)攻めのラグビーができ、良いゲームができた」と話し、「県代表としてしっかり戦えるよう準備する」と抱負を述べた。...[記事全文]

11/06  【伊勢新聞】


高校スポーツ最新ニュース