47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  高岡第一2年ぶりV 高校バスケ県予選男子

高校スポーツ

高岡第一2年ぶりV 高校バスケ県予選男子

 バスケットボール全国高校選手権県予選会の男子決勝は5日、砺波市の県西部体育センターで行い、高岡第一が高岡商を83-54で破り、2年ぶりの栄冠を手にした。 ■スピードで圧倒 纓坂主将34得点  高岡第一が、高さで勝る高岡商を速攻で圧倒した。チームトップの34得点を挙げた主将の纓坂(おざか)(2年)は「自分たちのペースに持っていけた。最高にうれしい」と声を弾ませた。  序盤に林(3年)が相手のエースを抑えて流れをつかませず、前半を35-27の8点リードで折り返した。第3クオーターでは纓坂や前主将の朴木(3年)らが速攻を決め、相手のディフェンスがいても果敢にゴールに向かった。  坂本尭志監督は「相手の足が止まったときに、走り続けられたことが大きかった」と振り返る。後半だけで21点差をつけ、6月の県高校総体決勝で敗れた高岡商に雪辱を果たした。  全国大会では、さらに高さのあるチームとの...[記事全文]

11/06  【北日本新聞】


高校スポーツ最新ニュース