47NEWS >  スポーツ >  高校スポーツ >  白鴎足利は初女王 男子・宇工は3連覇 高校バスケ栃木県予選

高校スポーツ

白鴎足利は初女王 男子・宇工は3連覇 高校バスケ栃木県予選

 全国高校バスケットボール選手権大会(ウインターカップ)県予選最終日は4日、さくら市氏家体育館で男女の決勝を行った。男子は前回覇者の宇工が81-74でインターハイ県予選優勝の文星付を破り、3年連続9度目の頂点。女子は白鴎足利が102-80で文星女を下し、初優勝を飾った。  男子は宇工が終盤に底力を発揮。序盤にリードを許したが徐々に追い上げ、第4クオーター開始直後に宇梶温哉(うかじあつや)の3点シュートで逆転に成功。その後も追いすがる相手からファウルを誘い、フリースローによる得点で文星付を突き放した。  女子は白鴎足利が序盤から主導権を握って試合を優位に進めた。第3クオーターに追い付かれたものの、直後の第4クオーターは速攻から相手ディフェンスを切り崩し、益子梨々華(ましこりりか)の3点シュートなどで粘る文星女を振り切った。...[記事全文]

11/05  【下野新聞】


高校スポーツ最新ニュース